ムロツヨシ、“逆オファー”で夢叶う「言ってみるもんだなと思いました(笑)」

ムロツヨシ、“逆オファー”で夢叶う「言ってみるもんだなと思いました(笑)」

天海祐希演じるマ子の秘書・高田学役で出演するムロツヨシ

吉永小百合、天海祐希の共演で10月11日(金)に公開される映画「最高の人生の見つけ方」に、ムロツヨシの出演が決定した。

ジャック・ニコルソン&モーガン・フリーマン主演で、余命6カ月の2人の男が生涯最後の冒険旅行に出るという2007年公開のアメリカ映画をリメークした今作は、主役を女性に変更。

人生のほとんどを“家庭”に捧げてきた主婦・北原幸枝(吉永)と、人生のほとんどを“仕事”に捧げてきた女性社長・マ子(天海)の2人の物語となる。

突然の余命宣告を受けた2人が、同じ病院に入院する12歳の少女の“死ぬまでにやりたいことリスト”を見つけ、このリストすべてを実行するというあり得ない決断をする…というあらすじだ。

■ ムロ「“うれしい”の一言ではもう言い表せない」

ムロは、天海演じる剛田マ子の秘書・高田学役で出演。幸枝とマ子の突拍子もない提案に翻弄(ほんろう)されながらも、余命わずかな2人のために最大限のサポートを尽くす、最大の理解者という役どころだ。

今回の出演に「好きな映画は何ですか? と聞かれたらいつもこの映画を挙げていた」というほど思い入れのある作品だったことを明かしたムロ。

「今の事務所に入ってから、『この映画がリメークされたら秘書を演じたい』とさまざまなインタビューで答えてきた。その夢がかなった形となりました」と歓喜した。

さらに、小岩井宏悦プロデューサーから「実は、別の役で出演の依頼をしに行った際、ムロさんから『秘書役をやりたい』と逆オファーがあった」という裏エピソードが飛び出し、「熱意を持ってくださっていることをきっかけにこの高田という秘書役をムロさんへお願いした」と起用に至った経緯も明かされた。

そんな夢のような出来事に、ムロは「この巡り合わせは“うれしい”の一言ではもう言い表せない。スゴイと思うと同時に、言ってみるもんだなと思いました(笑)」と喜び、「オリジナルが好きな分、役に自分らしさを出すことを心掛けました。天海さんも『楽しくやろう』と言ってくださって、緊張はしましたがオリジナル版の役柄をそのまま演じないように意識しました」と撮影を振り返った。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)