小栗旬と星野源が映画初共演!“昭和最大の未解決事件”をモチーフ「罪の声」映画化!!

小栗旬と星野源が映画初共演!“昭和最大の未解決事件”をモチーフ「罪の声」映画化!!

小栗旬と星野源が、ベストセラー小説「罪の声」で映画初共演を果たす

ベストセラー小説「罪の声」が映画化されることになり、小栗旬と星野源が映画初共演することが分かった。

「罪の声」は、2016年の「週刊文春」(文藝春秋)ミステリーベスト10で国内部門第1位を獲得し、第7回山田風太郎賞を受賞するなど高い評価を得た塩田武士による小説。

昭和最大の未解決事件をモチーフに、作者の綿密な取材と着想が織り混ぜられた内容だ。フィクションでありながら、事件の真相と犯人像が「本当にそうだったのではないか」と思わせる、リアリティーあふれた物語が話題を呼び、18万部を超えるベストセラー小説となった。

小栗は本作の主人公で、新聞記者・阿久津英士役。30年以上前に起き、すでに時効となっている昭和最大の未解決事件の真相を追う新聞記者を演じる。

そして、もう1人の主人公・曽根俊也役に星野。父から受け継いだテーラーを営み、平凡な毎日を過ごす曽根は、偶然にも幼少時の自分が知らないうちに、この昭和最大の未解決事件に関わっていたことを知ってしまう。

監督は「いま、会いにゆきます。」(2004年)、「涙そうそう」(2006年)、「ハナミズキ」(2010年)、「ビリギャル」(2015年)を手掛けた土井裕泰、脚本はドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(2016年、TBS系)などの野木亜紀子が担当。

撮影は既に3月末にクランクインし、6月にクランクアップ予定。公開は2020年を予定している。

今回の発表に合わせて、主演の小栗旬、星野源からコメントが届いた。

■ 小栗旬「開けてはいけない扉を開けてしまったような…」

原作を読み終えた後、開けてはいけないと言われている扉を開けてしまったような興奮と不安を持ったことを覚えています。この作品を映画化するのか、これは覚悟の要ることだなと思いましたが、制作チームにお会いし、皆さんの揺るぎない覚悟を伺って、その覚悟の一員にさせてもらうことを決意しました。

素晴らしいスタッフ、キャスト、そして独特の存在感を持ち、物腰が柔らかく、私自身、時折ただのファン目線で一緒に撮影していることを喜んでしまう、星野源という素晴らしいアーティストと共に作れること。

そして、阿久津という人間を通して、数々の声と向き合い、寄り添い、反発しながら、真実の声を聞き逃さないように真相にたどり着けたらと思います。

時代が変わろうとしている今、それでも忘れ去ってはいけない小さな小さな声がある。ご期待ください。

■ 星野源「曽根俊也の悲しみと共に生き、演じていきたい」

3年前、とある作品の撮影中にプロデューサーの那須田(淳)さんと雑談していた時。この作品のストーリーを聞き、その発想と恐ろしさに激しく鳥肌が立ったのを今でも覚えています。

「この役を源ちゃんでイメージしているんだ」と言っていただいた時から長い年月を経て、その役・曽根俊也を演じられることを感慨深く、うれしく思います。

そして、随分前から知り合っていた小栗くんと初めてじっくりとお仕事できること、心から信頼し、尊敬している土井監督、野木さんとまたご一緒できることも本当にうれしく、幸せに思います。

悲劇でありながらも、人間がこの社会で生きる上でとても大切なメッセージが込められたこの作品の中で、曽根俊也の悲しみと共に生き、演じていきたいと思います。

■ 土井裕泰監督コメント

「平成」から「令和」へと時代をまたいでゆくこの春に、小栗旬、星野源という今を代表する2人の表現者と共に、この「昭和」の未解決事件の物語に挑める幸せと責任を感じながら日々現場に立っています。

■ 映画「罪の声」ストーリー

平成も終わりを告げようとするとき、昭和最大の未解決事件に翻弄(ほんろう)される2人の男がいた。

新聞記者の阿久津英士(小栗)は、昭和最大の未解決事件を追う特別企画班に選ばれ、残された証拠を元に取材を重ねる毎日を過ごしていた。

そして30年以上前の事件の真相を追い求める中で、どうしても気になることがあった。なぜ犯人グループは、脅迫テープに男児の声を吹き込んだのか。

京都でテーラーを営む曽根俊也(星野)は、父の遺品の中にカセットテープを見つける。何となく気に掛かり再生すると、聞こえてきたのは幼いころの自分の声。

それは30年以上前に複数の企業を脅迫して、日本中を震撼させた昭和最大の未解決事件で、犯行グループが使用した脅迫テープと全く同じ声だった。

やがて運命に導かれるように2人は出会い、ある大きな決断へと向かう。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)