岸井ゆきの&成田凌のキスシーンは“調整”を重ねて完成「愛情がないのは分かるけれど…」

岸井ゆきの&成田凌のキスシーンは“調整”を重ねて完成「愛情がないのは分かるけれど…」

「愛がなんだ」イベントに登壇した若葉竜也、成田凌、岸井ゆきの、深川麻衣、今泉力哉監督(写真左から)

女優の岸井ゆきのが、4月20日に行われた主演映画「愛がなんだ」の公開記念舞台あいさつに、成田凌、深川麻衣、若葉竜也、今泉力哉監督と登壇。作品の見どころを語るとともに、岸井と成田のキスシーン秘話が明らかになった。

直木賞作家・角田光代が平凡なOLテルコの“究極の片思い”を描いた恋愛小説を実写化した本作。

大好きなマモル(成田)をいちずに追い掛ける主人公・テルコを演じた岸井は、本作について「原作と映画では役柄の描き方が違うので、原作未読の方は映画を見た後に原作を読んでみたら面白いかも」とコメント。

また、テルコの唯一の親友・葉子役の深川も「これだけの個性的なキャラクターが出ているのに、誰も悪者に見せない展開がすてき。誰にでも共感できるのがこの映画の面白いところ」と感想を述べた。

そんな中、成田が撮影の裏側を暴露する一幕も。岸井とのキスシーンについて「一発OKだったけれど、岸井さんが監督のところに行ってコソコソと。そうしたら監督が僕のところに来て、ざっくりと説明すると『今のキスじゃ岸井さんは芝居ができねえ』と言われた」と明かす。

それに今泉監督は「そんな言い方はしていない!」と大慌て。続けて「でも、岸井さんからは『愛情がないのは分かるけれど、肉体すら求められていない気がする…』と言われて、もう一度やってもらった。そうしたらものすごく熱量のあるキスシーンになってしまって『それは違う』と調整しつつやってもらいました」と劇中のキスシーンの舞台裏を明かし、会場を沸かせた。

そして最後に、岸井は「この映画を完成させるために、キャスト・スタッフ一同頑張りました。映画は続いていくものなので、明日も明後日も劇場が満席になったら…と願います」と大ヒットに期待を込めた。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)