2PM・ジュノと共演の玄理「互いに発音を教え合いました」。映画撮影秘話明かす

玄理 2PMジュノとの共演作「薔薇とチューリップ」の撮影秘話語る

記事まとめ

  • 玄理が2PMジュノと共演した全編韓国語の映画「薔薇とチューリップ」が3日に公開する
  • 玄理は韓国語での撮影に「感情の出し方にはこだわりました」と日本との違いを語った
  • ジュノとは「発音をお互いに教え合ったりしました」と撮影での裏話などを明かした

2PM・ジュノと共演の玄理「互いに発音を教え合いました」。映画撮影秘話明かす

2PM・ジュノと共演の玄理「互いに発音を教え合いました」。映画撮影秘話明かす

映画「薔薇とチューリップ」に出演する玄理

シリアスな秘密を持つ女性たちの愛のカタチを描いた、ドラマ10「ミストレス-女たちの秘密-」(毎週金曜夜10:00-10:49、NHK総合)に出演中の玄理。夫への愛と自分の過ちで悩むキャリアウーマン・冴子を演じている。

そんな彼女が全編韓国語で臨んだ映画「薔薇とチューリップ」が、5月3日(金)に公開される。共演した2PMのジュノについて、韓国語で演じる難しさ、そして将来の夢などを語ってもらった。

――東村アキコさんのコミックが原作ですが、東村さんの印象を教えてください

私、「東京タラレバ娘」が大好きなんです。東村さんの作品は独特で面白いんですよね。現場にも来ていただいたのですが、キレイでオシャレな方でした。

――2PMのジュノがカリスマ現代美術家・ネロと心優しい韓国人留学生・デウォンの二役を演じた本作。胸キュンラブコメディーでしたが、どのような点に気をつけて演じられましたか?

私はネロの元恋人で現在のマネジャー・ミョンア役でした。恋人からマネジャーへと立場は変わったけど、ネロのことを大事にしているということは変わらない。常に愛を持って演じようと思いました。ラブコメなので、彼女の恋が報われるといいなと思っていました。どういう結末になるかは映画をお楽しみに!!

――ジュノさんと一緒のシーンも多かったと思いますが、間近でご覧になって、彼の演技への姿勢はいかがでしたか?

ミュージシャンとしての印象が強かったのですが、現場に入ると一気に俳優の顔になっていましたね。彼も相当な準備をしてきたんだと思います。二役きっちり演じ分けていてさすがでした。

――撮影中は、話し合ってシーンを作っていったりしたのですか?

事前にお互い準備をしてきていたので、そんなに話し合うということはなかったです。ただ、私は韓国語の発音を、ジュノさんには日本語の発音をお互いに教え合ったりしました。私、韓国語を流暢に話しますが、やはり日常会話だと自分が話しやすい単語に置き換えたりするので、使い慣れない言葉があったりするんです。そういう言葉の発音を教えてもらったり…。ジュノさんとは韓国語でコミュニケーションが取れたので、語学を生かせてよかったです。

――今回は韓国人の役だったため、話す言葉すべて韓国語でしたね。難しかったところはありますか?

感情の出し方にはこだわりました。色んな方がいるのはもちろんですが、基本的に韓国の方は、日本人だとやんわり言うところをハッキリ言ったりとか、感情をしっかりと表現するんです。とくに怒り方は特徴がありますね。ただ、役に入ったら意外とすんなりキャラクターになれて…。韓国人の親を見ているからなのか、頭で考えずに感覚で演じられました。

――これまでもアメリカやイギリス、フランスといった、さまざまな国の作品に出演されていますが、国によって現場って異なるものですか?

違いますね。特に大きいのは、撮影時間の尺がきっちりと決まっていること。あとワンシーン残っていても、終了時間がきたらカメラマンはカメラを置いちゃいますから(笑)。ハッキリしていて驚きますが、それもいいのかな〜って。そしてお弁当はあまりないかも。基本、ケータリングです。

――日本語、英語、韓国語を話せるとのことですが、映画などを見ていて気になる点とかありますか?

やはり字幕は見ちゃいますよね。でも最近面白いなと思っているのが、Netflixなどの配信。オリジナルドラマもたくさん作られていて、それらが全世界同時公開されるなんて本当にすごいです。国境がなくなったなと思いますね。そしてその時代にあった話題をテーマにしているのも素晴らしい。最近だとLGBTだけでなく、幅広い体型の人が登場するサイズフリーの作品も作られてきて。

――言葉といえば、玄理さんは世界のカルチャーを伝えるラジオ(J-WAVE「ADROSS THE SKY」)もされていますね。映像作品との違いって感じますか?

言葉で全てを説明しないと何も伝わらないので、全く違うものですね。目を合わせて会話するのと違い、声だけで情報が多いと逆に聞き取れなくなっちゃうので、なるべく的確に、そしてゆっくりと話すようにしています。今は慣れてきましたが、スタート当初は緊張して大変でした。特に覚えている失敗は、初回の放送で“パリコレ”のことをずっと“パリコロ”と呼んでいたこと(笑)。そんなことってあります? そんな普通ではしない間違いをするくらい緊張する場でもあるんですよ。

――活躍の場をどんどん広げられていますが、今後やりたいことはありますか?

ことしはNHK連続テレビ小説「まんぷく」(2018年-19年NHK)にも出させていただいて、たくさんの人に作品を見ていただけることがこんなにうれしいことなんだということを感じました。なので、これからも皆さんの記憶に残る作品や役に巡り合いたいですし、「薔薇とチューリップ」のように語学をもっと生かしたいです。全編韓国語のセリフとか、普通に話せるのでできるだろうと思っていましたが、実際に形になっているのを見ると達成感が半端なくて(笑)。そういう達成感が味わえる作品を、色んな国の方たちと作っていきたいです。(ザテレビジョン・取材・文=玉置晴子)

関連記事(外部サイト)