浜辺美波、「賭ケグルイ」で“陰”から“陽”に

浜辺美波、「映画 賭ケグルイ」での撮影を振り返る 高杉真宙、森川葵らも出演

記事まとめ

  • 人気漫画を原作とした、浜辺美波主演の「映画 賭ケグルイ」が5月3日(金)に公開される
  • 浜辺が本作で演じるのは生粋のギャンブル狂の蛇喰夢子(じゃばみ・ゆめこ)
  • 高杉真宙、森川葵、矢本優馬、宮沢氷魚、福原遥、伊藤万理華、中川大志らも出演

浜辺美波、「賭ケグルイ」で“陰”から“陽”に

浜辺美波、「賭ケグルイ」で“陰”から“陽”に

5月3日(金)公開の「映画 賭ケグルイ」に出演する浜辺美波

シリーズ累計500万部突破の人気漫画が原作とした、浜辺美波主演の「映画 賭ケグルイ」が5月3日(金)に公開される。同作は2018年1〜3月にテレビドラマseason1、2019年3〜4月にseason2が放送されていた人気作だ。物語の舞台は、ギャンブルの強さで生徒一人一人の階級が定められる私立百花王学園。浜辺はリスクを追うごとに快感を覚える生粋のギャンブル狂(=賭け狂い)の蛇喰夢子(じゃばみ・ゆめこ)を演じる。

■ むしろ倍にして返される(笑)

――最初に映画版も製作されると聞いた時のご感想は?

やはりうれしかったです。ドラマのseason1の時に英(勉)監督含め、高杉(真宙)さんや森川(葵)さん、矢本(優馬)さんなどキャストの方々と仲良くお話しし、楽しく撮影できたんです。現場をそういうふうに楽しめたのは初めてだったので、その現場にもう一度入ることができるんだ!と。作品に対してもすごく愛着を感じていて、放送が終わってからもseason1を見返すぐらい好きになっていたんです。だから、また皆さんと、何が起こるか変わらないドキドキ感を味わえることがすごくうれしかったです。

――今作では高杉さん、森川さん、矢本さんたちが個性を存分に発揮して、ぶつかりあっています。そういう猛者たちの中で、浜辺さんは最年少で座長をしているわけですが、現場ではどんな様子なんですか?

主演だから頑張らないと!と気負いすることもなく、猛者がたくさんいるからこそ、何をやっても大丈夫だ!という安心感があります。皆さん、どんなお芝居をぶつけても受け入れてくださいますし、むしろ倍にして返されるので(笑)、私も返さなきゃ!というワクワクが1シーンごとにありました。

――皆さんとの過ごし方はやはり作品にも出ていますか?

仲良くなると、お芝居でも遠慮が出なくなると思います。いろいろ相談もできますし。以前はお芝居で仲のいい役どころを演じる共演者の方でも触ることにためらいがあったのですが、この現場を経験して、それがなくなったんです。

■ 現場を楽しむことを教えてもらった

――現場での立ち振る舞いも変わっていきましたか?

すごく変わりました。英監督にコミュニケーションの大切さも教わったので、その後の作品での現場の過ごし方も変わりました。それまではずっと“陰”タイプだったかな?と思うんです(笑)。でも、現場を楽しむことを皆さんに教えてもらって、“陽”の部分を引き出してもらった気がします。

――英監督はとても陽気な方で、監督自身の笑い声が入ってNGになってしまったこともあったと聞きました。英監督の演出はいかがでしたか?

コミュニケーションをたくさん取ってくださる監督で、とてもよく見てくださっているんです。例えば、賭け狂うシーンはかなりテンションを上げているのですが、ちょっとした動きやセリフ回しに違和感があるとうまく言葉が出なかったりする。そういう時に、私自身も気付かないほどの違和感を察知して、「言いにくいよね?」と変更したりしてくださって。英監督で良かったと、何度も思いました。

――夢子を演じることを楽しみ、やりがいも感じているように見えますが、夢子という役に出会って良かったなと思うことは?

ドラマseason1の第1話からギャンブルシーンがあったのですが、それまであんなにテンションを上げたことがなかったので、自分がどこまで賭け狂うことができるのか、想像が付きませんでした。でも、夢子を経験したことで、自分も頑張ればできるんだということを教えてもらえた気がします。あそこまで行けるんだという自信になりましたし、他の役でもテンションを上げることができるようになりました。

■ あのオープニングが夢子の集大成かも(笑)

――映画版では、百花王学園の中で非ギャンブルを掲げる集団「ヴィレッジ」が活躍します。宮沢氷魚さん演じる村雨、福原遥さん演じる歩火(あるきび)、伊藤万理華さん演じる犬八(いぬはち)との印象に残っているエピソードを教えてください。

皆さん、「賭ケグルイ」という濃いキャラクターばかりの世界に、原作にはいないオリジナルのキャラクターとして自然と入ってきてくださって、すごくうれしかったです。宮沢さんはいらっしゃるだけで様になる方で。演じられる村雨は何をしても反応しない、今作の中では珍しいキャラクターだったので、夢子としてもどう反応させてやろうかという感じでした。

福原さんは私が小学生の時のモデルの先輩だったので、お芝居の現場でお会いするのが新鮮で。久しぶり!という感じで話し掛けてくださったので、お芝居もやりやすかったですし、うれしかったです。福原さんが演じられた歩火のキャラのオンとオフの違いと迫力に圧倒されました。

伊藤さんが演じられる犬八は、脚本を読んでも男なのか、女なのか分からないキャラクターだったので、伊藤さんが演じると聞いて驚きました。この役のためにショートカットにされたそうで、最初にお会いした時は一瞬分かりませんでした! 犬八という名前がぴったりの少年らしいキャラクターを作り上げていらっしゃいました。

――そういえば、ドラマseason1にも出演していましたが、絡みのなかった中川大志さんとは今回の撮影で初めて会われたそうですね。

そうなんです。オープニング映像を新撮したのですが、その現場に中川さんもいらして、見学されていたんです。主題歌に合わせて歌っているのですが、私はそういう表現が苦手なので…。しかも中川さんはseason1の映像を最初に撮られて、あのテンションの高い雰囲気を作られた方なので、あのオープニングは中川さんが作ったと言っても過言ではないので、その中川さんがいるということで緊張しました。お芝居のとき以上にテイクを重ねたので、もしかしたら、あのオープニングが夢子の集大成かもしれないです(笑)。

――今回は生徒会主催で全校参加のギャンブル・トーナメントが開催されるため、「ヴィレッジ」のメンバーや犬八もギャンブルに参加します。その中で夢子は鈴井と、芽亜里は木渡とコンビを組むんですよね。

鈴井さんも珍しくギャンブルに参加しますので、お楽しみに! 芽亜里(森川)さんと木渡(矢本)さんのコンビは脚本にどんなコンビネーション感を見せるのか書かれていなかったので、完成したものを見てびっくりしました。矢本さんはご自分で木渡の世界を広げて、世界観を発展させていて、すごいんです! 脚本を読んでいるのに、展開に驚かされたのは初めてでした(笑)。芽亜里さんと木渡さん、お二人の決めポーズも面白いので、ご注目ください。(ザテレビジョン・取材・文=及川静)

関連記事(外部サイト)