浜辺美波、“令和”のスタートに痛恨の天然ミスも「この映画に賭けてほしいです」

浜辺美波、“令和”のスタートに痛恨の天然ミスも「この映画に賭けてほしいです」

「映画 賭ケグルイ」の初日舞台あいさつに伊藤万理華、福原遥、森川葵、浜辺美波、高杉真宙、池田エライザ、松田るか、英勉監督(写真左から)が登壇

浜辺美波が、5月3日に東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた「映画 賭ケグルイ」初日舞台あいさつに登壇。高杉真宙、森川葵、池田エライザ、福原遥、伊藤万理華、松田るか、英勉監督と共に撮影中のエピソードなどを語った。

河本ほむら原作、尚村透作画の「賭ケグルイ」は、月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)で連載されている、シリーズ累計500万部を突破した大ヒット漫画。

2019年4月期にドラマのseason2が、MBS・TBS“ドラマイズム枠”で放送された。

「映画 賭ケグルイ」は、原作者・河本が原案・監修を務めた完全オリジナルストーリー。

ギャンブルの強さがすべての私立百花王学園を舞台に、リスクを負うことに快感を覚える“賭ケグルイ”の転校生・蛇喰夢子(じゃばみゆめこ/浜辺)が、学園を支配する生徒会が送り込む百戦練磨の刺客(ギャンブラー)たちと、さまざまなギャンブルで死闘を繰り広げる。

■ 浜辺美波の天然ミスから始まった「賭ケグルイ」舞台あいさつ

この日の舞台あいさつは、キャスト陣が客席通路を歩いての登壇になるはずだったが、扉から一番に姿を現した浜辺が客席端の通路を1人で歩いていくという天然ミス。

高杉や森川らに呼び止められ、慌てて本来の正しい導線に戻るというハプニングからの幕開けに。

その浜辺は、座長としての手応えを聞かれ「最初の登場で分かったと思いますが、主演として引っ張ったかどうかはさておき、楽しく作り上げることができました。映画になるのはうれしいことだけど、面白くもあり、不思議な感じ。こうやって、みんなで舞台あいさつをやるのも面白い」と笑顔を見せる。

鈴井涼太役・高杉は今回、プレイヤーとしてギャンブルに挑戦。「いい気分でした。いい舞台に立って、いいせりふを言う感じがあった。照明も当たって気持ちが良かった〜」とうれしそう。

早乙女芽亜里(さおとめめあり)役・森川は、ギャンブルバトルシーンについて「『アドリブ?』と聞かれることが多いけれど、ほぼほぼせりふは台本通り」と明かす。

その森川の熱演を、歩火樹絵里(あるきびじゅえり)役・福原は「お芝居を通り越したような動きがすごくて、目を真ん丸にして見ていました。笑いをこらえるのも必死だった」と振り返った。

生徒会長・桃喰綺羅莉(ももばみきらり)役・池田は、今回が英監督と3度目のタッグ。

「英監督からの細かい演出はなくて、『どうする?』みたいな。私が原作ファンということもあり、忠実にやりたかった。ファンだからこそ自信のない部分もあるけれど、やれるだけはやりました」と話す。

また、福原は「season1を視聴者として楽しんでいた分、芝居するのが怖かった。でも、この世界に入れる感動もあって、恐怖も緊張感もなく楽しんでできました」と、手応えを感じた様子。

■ 伊藤万理華、みんなに追い詰められてバンジー?

5月1日から“令和”に突入したことにちなんで、平成生まれのキャスト陣には「新時代に賭けたい勝負&新時代に挑戦したいこと」というお題が。

浜辺は「規模で言うと小さいけれど、初めての○○に挑戦したい。ネットで金額などを調べずに近所の小料理屋さんに入ったり、カフェでご飯を食べた経験がないので、そういったことを積み重ねて1人旅に行きたい。普段からネットでお店の雰囲気や金額などを調べてから行動するので、ネットに頼ることなく堂々と生活したい」と回答。

高杉は「令和生まれの方と一緒に仕事をした時に、『君、令和なんだ〜』と言いたい」、森川は「欲望に打ち勝ちたい! 物欲、睡眠欲、食欲に負けているので、令和ではそういった欲に勝てるような大人になりたい」と、それぞれ答えていく。

2019年に映画監督デビューを果たす池田は「女優業以外の、自分の好きなことも仕事にしていけるような令和にしたい。これからも変わらずに好きなことをやる!」と宣言。

そして福原は「1人旅に行きたい! スイスが理想」と打ち明け、ラーメン好きの松田からは「健康診断での中性脂肪の値がヤバイので、ラーメンをやめたい」と切実な答えが飛び出す。

元乃木坂46・伊藤は「グループ時代は、代表者がバンジージャンプとかスカイダイビングなどでヒット祈願をしていた。私は応援する側として参加できなかったので、何かの代表になって飛んでみたい」と願望を明かす。

この発言に対して「今から予約すればできるよ?」(池田)、「映画の大ヒットに懸けてやってほしい」(森川)、「宣伝部員が今から、バンジーのネット予約をする」(英監督)とあおられ、伊藤は「そういう機会があるなら…。令和時代は長いし…」と苦笑いしつつ、「監督からは、撮影現場でもこうやって追い詰められていました」と会場を笑わせた。

最後に、浜辺が「私にとって、令和の最初に公開される映画がこの作品でうれしい。それほど撮影も今も楽しくて、思い入れのある作品です。

この映画が令和初鑑賞になるのはなかなか濃いことだとは思いますが、そういった新元号スタートも楽しいはず。GWの締めくくりに賭けグルって、この映画に賭けてほしいです」とメッセージを送った。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)