芳根京子、“令和元年”の抱負は「日本を出る覚悟が決まったところで…」

芳根京子、“令和元年”の抱負は「海外旅行」 「母と一緒にタイに行きたい」

記事まとめ

  • 芳根京子が松坂桃李、木村文乃らと映画「居眠り磐音」の完成披露舞台あいさつに登壇
  • 杉野遥亮、石丸謙二郎、西村まさ彦、中村梅雀、柄本明、本木克英監督らも登場した
  • 芳根は「令和」の抱負は「海外旅行」とし、「母と一緒にタイに行きたい」と話した

芳根京子、“令和元年”の抱負は「日本を出る覚悟が決まったところで…」

芳根京子、“令和元年”の抱負は「日本を出る覚悟が決まったところで…」

芳根京子が「居眠り磐音」完成披露舞台あいさつに登壇した

女優の芳根京子が、5月6日に東京・丸の内ピカデリーで行われた映画「居眠り磐音」(5月17日[金]公開)の完成披露舞台あいさつに登壇。主演の松坂桃李、共演の木村文乃らと共に、映画の見どころや「令和」の抱負などを語った。

本作は、シリーズ累計発行部数2000万部を超える佐伯泰英の同名時代小説を元に、昼間はうなぎ店で働き、夜は両替屋の用心棒として悪と戦う主人公・坂崎磐音(松坂)の奮闘を描いた物語。

舞台あいさつには松坂、木村、芳根の他に、杉野遥亮、南沙良、石丸謙二郎、西村まさ彦、中村梅雀、柄本明、本木克英監督が登場した。

磐音をいちずに思う奈緒を演じる芳根は「皆さんこんばんは、芳根京子と申します。今日という日を迎えられたことを本当にうれしく思います」とあいさつし、これから試写会を見る人に向けて「今から皆さんに見ていただくんだなあと思うと、ものすごく緊張するんですけど、つい先ほど監督に『自信を持って』とお言葉を頂いたので、私も自信を持って今日ここに立とうと思っています。今日はよろしくお願いします」と語った。

また、一筋縄ではいかない奈緒という役に「そうですね…一筋縄ではいかない…です(笑)。たくさん練習をしました。プレッシャーもめちゃくちゃありました。台本を読んで、そんなに(出番としては)多くないシーンの中でどうやって(観客の)印象に残せばいいんだろうとか、自分の課題だった部分がたくさんあって緊張したんですけど、本当にすてきな雰囲気のスタッフさんに支えてもらいました。私1人の撮影が多かったですけど、すごく楽しく参加させていただきました」と振り返った。

また、磐音を演じる松坂の印象を「もう本当に…磐音さまって感じで、印象が変わらないですね」と評する。

続けて「撮影期間よりも取材や番宣などの期間の方が多くご一緒させていただいてるんですけど、それでも磐音さまってイメージがブレないなって思うので、本当に心が温かい方だなと感謝しております」と真っすぐな瞳で松坂を見詰めて語る。

これには松坂も「とんでもない…。こう真っすぐな瞳で見られると何を言っていいのか分からないですね(笑)」と照れていた。

■ 「令和」の抱負は「海外旅行」

さらに、5月1日より元号が「令和」になり、本作が新元号で第1弾の時代劇映画となる。それにちなみ、キャスト陣が「令和」の抱負をそれぞれ披露することに。

芳根は「海外旅行」と記し、その“心”は「日本がすごく大好きなので、あまり日本を出て海外に行きたいとは思ったことがなかったので、本当に小さいころあまり記憶がないときにハワイに行ったのが最後なんです。

でも、周りで友達が海外にたくさん行くようになって、話を聞いているうちにどんどん興味が出てきて、私も日本を出る覚悟が決まったところで、令和こそはいろいろな国に行ってみたいなというふうに思っています」と瞳を輝かせる。

それにちなんで、一番行ってみたい所を聞かれると「私、タイ料理がすごく好きで、母もタイ料理が好きなので、一緒にタイに行きたいねって言っていて…。まずは母にパスポートを更新してもらうところから始めようと思います。令和の時代にたくさん行きたいです」と語った。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)