杉野遥亮、松坂桃李“先輩”の視線に「無言の圧を感じています(笑)」

杉野遥亮、松坂桃李“先輩”の視線に「無言の圧を感じています(笑)」

杉野遥亮が映画「居眠り磐音」の完成披露イベントに登壇した

杉野遥亮が、5月6日に東京・丸の内ピカデリーで行われた映画「居眠り磐音」(5月17日[金]公開)の完成披露舞台あいさつに登壇。主演の松坂桃李、共演の木村文乃、芳根京子らと共に、映画の見どころや「令和」の抱負などを語った。

本作は、シリーズ累計発行部数2000万部を超える佐伯泰英の同名時代小説を元に、昼間はうなぎ店で働き、夜は両替屋の用心棒として悪と戦う主人公・坂崎磐音(松坂)の奮闘を描いた物語。

舞台あいさつには松坂、木村、芳根、杉野の他に、南沙良、石丸謙二郎、西村まさ彦、中村梅雀、柄本明、本木克英監督が登場した。

磐音の幼なじみ・河出慎之輔役の杉野は、観客に向けて「僕がもう本当に面白い!って思った作品が、今日こうして披露されていくということをとても感謝し、うれしく思っています。今日は短い時間ですが、よろしくお願いいたします」とあいさつ。

また、5月1日より元号が「令和」になり、本作が新元号で第1弾の時代劇映画となる。それにちなみ、キャスト陣が「令和」の抱負をそれぞれ披露することに。

まず主演の松坂が達筆な字で記した「豊かに」という抱負を発表。

「本当は『健康第一』にしようと思ったんですけど、マネジャーさんに止められて(笑)。令和の時代も生活も豊かに、周りも含めて豊かにやっていきたいなと思いました」と語る。

それについて、具体的に何がと聞かれると「もっと事務所が豊かになればいいなって思いますね(笑)。人数が少ないのでうちの事務所は…。あとは“後輩”を含めて頑張っていただいて…」と明かすと、会場の視線は事務所の後輩・杉野の方へ。

これに、杉野は苦笑いで「無言の圧を感じています(笑)。(松坂の)ギラッという視線が怖かったです」とポツリ。

■ 杉野「跳」(バンジー)

一方、そんな杉野の抱負は「跳」とのこと。

その心は「これでバンジーと読むんですけど、令和元年って7カ月しかないなと思って…。7カ月のうちに、やがて子孫とか子どもに自慢できることがないかなって考えた結果、バンジーだったりスカイダイビングとか、跳(飛)んでいけたらなって思って…この字を選びました」と胸を張る。

それに対し、首をひねり気味の先輩・松坂は「えっと…子どもに自慢できること…なんだよね? ん、これ自慢かあ…?」と苦笑い。それでも杉野は「令和元年にバンジーしたんだぞ、って自慢になるかな…って思いました。あと、仕事でも“跳”びたいなって思っています」と力を込めた。

このやりとりに、木村は「事務所の未来が心配になりますね」と冷静にツッコミを入れていた。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)