向井理、岡田准一の華麗なアクションに衝撃!!「世界でも類がないぐらいのクオリティー」

向井理、岡田准一の華麗なアクションに衝撃!!「世界でも類がないぐらいのクオリティー」

映画「ザ・ファブル」の完成披露試写会が行われた

岡田准一が、5月13日に東京都内で行われた「ザ・ファブル」の完成披露試写会に登壇。キャスト陣と監督が舞台挨拶に登場。木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、安田顕、佐藤浩市、木村了、江口カン監督と共に作品の見どころを語った。

本作は、殺し屋・ファブル(岡田)が、ある日ボス(佐藤浩市)からの指令により、一般人・佐藤アキラとして普通の生活をしていくというストーリー。

伝説の殺し屋・ファブルこと佐藤アキラを演じた岡田は、これから映画を観る観客へ「原作も読ませていただいてすごく好きな作品だったので、アキラ役をやらせていただけることがすごくチャレンジでしたし、大きく考えていました。とてもエンターテインメントに仕上がっていると思います」とあいさつ。

“世界基準”の本格アクションにも話題が集まっている本作。かねてより現代もののアクション作品への出演を熱望していたという岡田だけに、本作にかける熱意も相当なものだったという。

そんな岡田=ファブルと対立する裏社会のメンバーにしてインテリの砂川を演じた向井は「完成版を見た時、岡田くんのアクションが速過ぎて見えないシーンも多かった。ここまでCGに頼らず生身の人間で演じられるのは、世界でも類がないぐらいのクオリティーだと思う」とそのアクションを大絶賛している。

また、殺し屋同士の対決シーンで華麗なアクションシーンを披露している岡田と福士。これには2人の特別な思いが秘められていることが明らかに。

かねてより岡田との再共演と対決シーンを熱望していたという福士は、本作でファブルを壮絶バトルを繰り広げるフード役に決まった時「ついに俺の夢がかなったぞ!」と出演を即決したという。

岡田も撮影現場で「福士をもっと立てなければ」と自ら積極的にアクションへの意見を出したといい、これには福士も「岡田さんの愛をめちゃくちゃ感じました」と感激し、以前より岡田を師匠としてリスペクトして公言してきた福士と、岡田との熱い“師弟愛”に、会場からも惜しみない拍手が送られた。

最後には岡田からファンに向け「ぜひ僕たちが頑張って作った、映画版『ファブル』を楽しんでください!」と力強いコメントが寄せられた。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)