塚本高史が「貞子」で熱演! 池田エライザ&清水尋也“姉弟”をつなぐ

池田エライザ主演映画「貞子」が24日に公開 中田秀夫監督は塚本高史を絶賛

記事まとめ

  • 池田エライザが主演を務める映画「貞子」が、5月24日に公開される
  • 共演者は清水尋也、塚本高史、「リング」「リング2」にも出演した佐藤仁美ら
  • 中田秀夫監督は、塚本の演技を「芯のしっかりした演技」と絶賛している

塚本高史が「貞子」で熱演! 池田エライザ&清水尋也“姉弟”をつなぐ

塚本高史が「貞子」で熱演! 池田エライザ&清水尋也“姉弟”をつなぐ

塚本高史が熱演を見せる

池田エライザ主演映画「貞子」が、5月24日(金)に公開。劇中で主人公・茉優(池田)と、その弟・和真(清水尋也)をつなぐキーパーソン・石田祐介を演じる、塚本高史が熱演を見せている。

■ 塚本高史の演技を監督が絶賛!

石田は、動画クリエーターの和真をサポートするWEBマーケティング会社の社員。映画後半では貞子の謎に迫るため、茉優と行動を共にし、きょうだい共に関わることになる。

中田秀夫監督は、塚本の演技に関して「芯のしっかりした演技と、バシッと通る声で、映画全体を締まったものにしていただきました」と絶賛。塚本の豊富な経験が、良い効果をもたらしたと話した。

■ 中田監督率いるオリジナルチームによる新たな「貞子」

中田監督による映画「リング」(1998年)から始まった、シリーズ最新作となる「貞子」。

長い黒髪と白いワンピース姿で、井戸やテレビから這い出る“貞子”の姿は「日本で最も有名な怨霊」として知れ渡る存在に。

それから20年「リング」シリーズは時代の変化と共に恐怖の形状を変えながら、常に日本のホラー映画界をリードしてきた。

今回の「貞子」は、中田監督率いるオリジナルチームの手で新たに映画化。池田がヒロインを務め、「リング」「リング2」(1999年)に出演した佐藤仁美が、当時と同じ倉橋雅美役で登場し、現在と過去をつないでいく。

■ 映画「貞子」ストーリー

病院で心理カウンセラーとして働く茉優(池田エライザ)は、警察によって保護された1人の少女を担当する。

一切の記憶をなくし、自分の名前すら言えない少女と向き合う茉優だったが、次第に彼女の周りで奇妙な出来事が起こり始める。

一方、WEBマーケティング会社に勤める祐介(塚本高史)の勧めで動画クリエーターとなった茉優の弟・和真(清水尋也)は、再生回数の獲得に焦るあまり、心霊動画を撮ろうと、死者5人を出したある団地の火事跡に忍び込む…。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)