清原翔「永瀬くん&ジンくんに絡まれることが多かった(笑)」

清原翔「永瀬くん&ジンくんに絡まれることが多かった(笑)」

映画「うちの執事が言うことには」で、花穎(永瀬廉)の執事・衣更月を演じる清原翔

King & Princeの永瀬廉が初主演する映画「うちの執事が言うことには」が5月17日(金)に公開される。同作は、永瀬が演じる頭脳明晰、色彩に関して特別な能力備えている名門・烏丸(からすま)家の若き当主・花穎(かえい)と、清原演じる仏頂面の執事・衣更月(きさらぎ)蒼馬(そうま)が、烏丸家のまわりで次々起こる不可解な出来事を解き明かすミステリー。

颯爽とした執事を演じている清原に、現場の雰囲気や執事を演じる上で気をつけた点などを語ってもらいました。

――台本を読んだ感想を教えてください。

僕自身、先が読めない展開や伏線が張り巡らされた物語を読むのが好きなので、台本を読んだときは、ミステリー要素が主軸となっているので面白かったです。あと花穎と衣更月の成長物語だと思うので、そのあたりがうまく表現できればと思いました。

――花穎と衣更月の関係性を表現するために何か気を付けた点はありますか?

衣更月という人物は、仏頂面で感情を表に出さないタイプですが、物語が進むにつれて花穎への信頼感をどんどん築き上げなければなりませんでした。そのため最初は、表情や言い方を少しきつめにしていて、最初と最後では少し表情などが違います。あと、衣更月は奥田瑛二さん演じる鳳(おおとり)という尊敬している人物がいるので、そこに向かって頑張っているという姿も表現したいと思いました。

――永瀬廉さんとは演技についてお話されたりしましたか?

2人でよく話していましたが、特に「これ!」というものはないですね。キャラクターや雰囲気については、監督も交えて3人でつくり上げました。基本、思いがかみ合っていない2人なので、あまり役については話し合わずに、後半になるにつれて自然と息があっていけばいいなと思いました。

■ 永瀬くん&ジンくんに絡まれることが多かったです(笑)

――出演者同士かなり仲が良かったと聞きました。

監督はうるさいと思ったかもしれないのですが(笑)、現場は和気あいあいとしていてすごく楽しかったです。永瀬くんと赤目(あかめ)刻弥(ときや)を演じたジンくん(=神宮寺勇太)が本当に元気いっぱいで…。2人に絡まれることが多かったです(笑)。

ちなみに撮影中はKing & PrinceのCDデビュータイミングと重なっていて…。永瀬くんやジンくんがテレビに出ているのを見ると、すごく頑張っているな〜と感心しました。テレビでカッコよく歌っている彼らと演技をしているときの顔はちょっと違って、どちらもいいなと思いました。

――そもそも執事に対するイメージはどのようなものでした?

映画やドラマなどの映像でしか見たことがなかったので、勝手に上品でお金持ちの方のそばにいる人というイメージでした。まさか自分が演じるなんて思いもよらなかったです。そして動作や見た目が美しいというのもありましたね。実際に指導してくださった先生は本当に動作がキレイで目を奪われちゃいました。自分が知らないことを知れた楽しみは多かったです。

■ 服と髪型が衣更月になるのを手助けしてくれました

――衣装も普段は着る機会の少ない燕尾服でした。

袖を通すと気持ちが変わり、背筋が伸びました。あと髪型も普段とは全く異なっていて…。そういうアイテムがあることで、役を切り替えることができました。服が助けてくれたところは大きかったです。

――撮影が終わった今でも身についていることってありますか?

最近も継続しているのですが、ティーポットからお茶などを注ぐとき、あえて少し上の方から注ぐようにしています。そのほうが香りも出て見栄えがいいんです(笑)。あと深くお辞儀をすることも大切だと思いました。体を45度に曲げる最敬礼は、相手に深い感謝や謝意を表すときに行うのですが、すごく気持ちいいんですよ。礼儀についてはいろいろ考えさせられましたね。

――では、衣更月とご自身で似ているなと感じた点はありました?

僕はこれまで、成長とは自分の力ですることであって出会った人によって左右されるものではないと思っていた部分がありました。

ただここ最近、周りの友達や仕事で知り合った方々によって自分が成長しているなと気付くことが多くなりました。この気持ちの変化は、衣更月も同じだと思います。花穎と出会うことで価値観が変わっていったはずなので。苦手だなと思う人でも、きちんと向き合っていったら、いろいろ得られるものがあると思います。(ザテレビジョン・取材・文=玉置晴子)

関連記事(外部サイト)