GENERATIONS・片寄涼太の提案に、川栄李奈「実は嫌だった」

GENERATIONS・片寄涼太の提案に、川栄李奈「実は嫌だった」

完成披露舞台あいさつに登壇した伊藤健太郎、川栄李奈、片寄涼太、松本穂香、湯浅政明監督(写真左から)

6月21日(金)公開の映画「きみと、波にのれたら」の完成披露舞台あいさつが5月14日に東京都内の劇場で行われ、声の出演をしたGENERATIONS from EXILE TRIBE・片寄涼太や川栄李奈、松本穂香、伊藤健太郎と湯浅政明監督が登壇した。

同作品は、映画「夜は短し歩けよ乙女」(2017年)で第41回日本アカデミー賞最優秀アニメーション賞を受賞した湯浅監督が手掛ける最新作のアニメーション映画。小さな港町を舞台に、消防士の青年・港(CV・片寄)とサーファーの大学生・ひな子(CV・川栄)との運命的な恋を描くラブストーリーだ。

小さな港町に越してきたひな子は、ある火事騒動をきっかけに消防士の港と恋に落ちる。そんな中、港が溺れた人を助けようとして海で命を落としてしまう。

大好きだった海が見られなくなるほど憔悴(しょうすい)するひな子だったが、ある日、ひな子が2人の思い出の歌を口ずさむと、水の中に港が現れて…という物語。

舞台あいさつでは、片寄が「アニメーションなんですけどすごく人間味があって、人生とか命とか人の大切な物が描かれているとってもすてきな作品だなと思いました」と同作の印象を明かすと、川栄も「見てすごく感動しましたし、見終わった後にすごく背中を押してもらったような作品だなと思いました」と告白。

一方、同作が声優初挑戦となった松本は「自分の声が自分の姿じゃないもの(にあてられて)で、すごく不思議な気持ちでした」と振り返り、「この映画はすごく真っすぐで純粋で、そこに監督のすてきな絵と色が混ざってとてもパワーのある映画になっていると思います」と語った。

また、伊藤は「見ていると、今普通に居る大切な人がより大切に思えるし、いろいろ考えさせられる映画でもありました。何年後かに思い返した時に、心に残っているような作品になっていると思います」とコメント。

そんな中、港とひな子が一緒に歌うシーンの収録では、片寄の提案で片寄と川栄が一緒に収録することになったエピソードが明かされる。

これについて片寄は「歌の仕事をやらせていただいているからこそ、その場の空気感が出ることを知っているので、1人でやるよりも2人でやった方がいい空気感が出るんじゃないかと」と真意を明かし、「でもさっき(川栄に)聞いたら『すごく嫌だった』と(言っていた)…」と裏話を暴露。

すると、川栄は「(片寄は)歌がうまいし、会うのが2度目くらいであまりお話ししたことがなかったので、すごく緊張してしまって…。『キーはこれだよ』って言ってくださるんですけど、よく分からないし」と苦笑いしきりだった。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)