話題作に次々出演中!清原翔「運命のようなものを感じました(笑)」

話題作に次々出演中!清原翔「運命のようなものを感じました(笑)」

映画「うちの執事が言うことには」で、花穎(永瀬廉)の執事・衣更月を演じる清原翔

雑誌「MEN’S NON-NO」のモデルとして活躍する一方、現在放送中の連続テレビ小説「なつぞら」(NHK総合ほか)で、主人公・なつ(広瀬すず)が育てられた柴田家の長男・照男を演じ注目を集めている清原翔。また、5月17日(金)には、King & Princeの永瀬廉の初主演作で、清原がスマートな執事を演じた映画「うちの執事が言うことには」が公開される。着々と俳優としても活動の場を広げている彼に、役者への思いや今後の目標などをを聞いた。

■ これまで知らなかった決まり事や動作がいっぱい

――映画「うちの執事が言うことには」では、仏頂面の執事・衣更月(きさらぎ)蒼馬(そうま)という役どころですが、作法など事前に練習などされましたか?

撮影に入る3週間前から、実際に執事をされている方に先生になっていただき、所作からルールまでいろいろ教えていただきました。お辞儀はさまざまな角度があって、それぞれに意味があるなど、これまで知らなかった決まり事や動作がいっぱいでしたね。中でも、動作中に言葉を発してはいけなかったり、サーブする際の食器の音は立ててはいけなかったりするのが大変で…。僕が「執事になれ!」と言われても絶対になれないなって感じました(笑)。

――衣更月が仕えている烏丸(からすま)家の豪華セットも魅力的でした。

ここまでセットで作れるんだと感動しました。エンディングで流れる、蝋で手紙の封をするシーリングスタンプなども、全て烏丸家の紋章で…。調度品一つにしてもすごくこだわって作られていてすごかったです。

あと、烏丸家の外観となった場所は、実は、以前出演させていただいた映画「PRINCE OF LEGEND」でも使わせていただいた場所だったんです。なので、またここに!と驚きましたし、運命のようなものを感じました(笑)。そして作り込まれたセットは、物語の世界に入りやすく、気持ちをつくる上で、すごく助けになってくれました。

――印象に残っているシーンを教えてください。

物語のキーとなる花穎(かえい・永瀬)にネクタイをコーディネートするシーンは、印象に残っているし、注目してもらいたいです。やっぱり人に対しての言い方ってすごく大事だな〜って感じます。そのあたりは映画で楽しんでもらいたいです。

ちなみに僕個人としては、衣更月のスタイリングは一番正しいと思いました。めちゃくちゃカッコいいチョイスですよ。ただ花穎はまだ若いから、本当のカッコよさが分からない。残念です(笑)。

■ “朝ドラ”は多くの人に見てもらえて励みになります

――放送中の「なつぞら」での演技も注目が集まっていますが、周囲の反応はいかがですか?

“朝ドラ”なので、やはり幅広い世代の人が見てくれているようで驚きます。親戚は秋田に多いのですが、僕の作品を見てもらえる良いきっかけになりました。友達とかも結構見てくれていてうれしいです。

ただ現場は牛と一緒のシーンも多く、結構大変でしたね(笑)。牛が脱走するなんていうハプニングが起きたりと、普通では想像できないことが多くて面白かったです。

――今回の衣更月や、「なつぞら」の照男など、全く異なるキャラクターを演じていますが、役づくりはどうされているのですか?

身の回りにいる人の中からそのキャラクターに近い人を見つけ、その方には申し訳ないですが、観察させてもらって、役のイメージをふくらましていきます。完全に参考にするわけではないのですが、やはり頭の中で想像するだけではなく実際に動いていたりすると、イメージしやすい気がします。

衣更月は執事という特殊な職業だったのでなかなか周りにはいなかったのですが、所作を教えてくださった先生にお会いして、参考にさせていただきました。こっそり真似するのではなく、コミュニケーションを取るのもポイントですね。

あとは、現場で監督とすり合わせをして、現場の雰囲気や相手の出方などをみて、現場でキャラクターをつくり上げています。自分が考えるイメージと、ある程度の余白を持って現場に行くように心掛けています。

――そのために努力していることはありますか?

自分自身、今まで生きてきた中で見たり経験したりしている量が乏しいと思っているので、知らない職業もたくさんありますし、見たことないものも多いので、最近は知らないことも興味がないものも接していくようにしています。

ささいなことですが、最近、今まであえて触れてこなかったゴルフに挑戦してみたら、意外と楽しくて。やはり経験をしているかどうかは演じる上で武器にもなるので、これからもいろんな経験を積んで役に活かしていきたいです。

――それでは最後に、今後はどのような役に挑戦したいですか?

狂気的な役やサイコパスな役などをやってみたいです。人の中にある二面性を表現することに興味があります!(ザテレビジョン・取材・文=玉置晴子)

関連記事(外部サイト)