小日向文世、ダー子とボクちゃんのロマンスを「親目線」で予想!

長澤まさみ主演で香港ロケ敢行の「コンフィデンスマンJP」が公開 SPドラマも放送

記事まとめ

  • 長澤まさみが天才的詐欺師を演じる映画「コンフィデンスマンJP」が5月17日(金)に公開
  • 連ドラ人気を受け、香港ロケを敢行した映画版、そしてSPドラマと立て続けに公開&放送
  • 詐欺師仲間リチャード役の小日向文世は、役者人生の中でめったに出会えない役と語った

小日向文世、ダー子とボクちゃんのロマンスを「親目線」で予想!

小日向文世、ダー子とボクちゃんのロマンスを「親目線」で予想!

5月17日(金)公開の映画「コンフィデンスマンJP」に出演する小日向文世

信用詐欺師(=コンフィデンスマン)たちの暗躍を描いた華麗なる痛快コメディー「コンフィデンスマンJP」(2018年フジテレビ系)が、映画「コンフィデンスマンJP」となって5月17日(金)に公開。その翌日、18日(土)にはスペシャルドラマ「コンフィデンスマンJP 運勢編」(フジテレビ系)も放送される。

今回は、ヒロインの詐欺師・ダー子(長澤まさみ)の父親的存在とも言える詐欺師仲間・リチャードを演じる小日向文世にインタビューした。

■ ドラマも映画も、全部が一つの大きなストーリー

――連ドラの人気を受け、香港ロケを敢行した映画版、そしてSPドラマと立て続けに公開&放送されます。それぞれ、同じ世界観の中で時系列もシャッフルされていて、非常に見応えがありそうですね。

複雑なお話なので、連続ドラマの時は10本撮るのがもう、僕らもヘトヘトになって、最終回のころは顔を見るのもイヤだってくらい大変で…あ、そんなことないか?(笑)。

でも本当にエネルギーのいる作品でした。毎回毎回、よくこんなストーリーが思い付くなと思いつつ、さぁ映画ではそれを超えるものが、という期待もある。でも実際に映画の脚本を読んだ時、僕自身、既にだまされましたよ。それに実は僕、外国ロケってあんまり好きじゃないけど、画になって見てみると、今回は香港ロケが効いてるなって思う、すごくゴージャスな感じになってましたね。

これは、ドラマを見続けてくれた人が映画を見たときにきっと満足してくれるんじゃないかなっていう確信がありました。

――香港ロケでの思い出はありますか?

僕、実は滞在2日だけなんですよ。お土産は着いた日に買ったの(笑)。でも本当にいいところでしたね! 

■ 役者人生の中でめったに出会えない役

――ダー子(長澤)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャードの3人は詐欺師なので普段は誰かに成り代わっているうえ、素性もあまり明かされていません。そういう意味で、難しさはありますか?

本当にね、難しいです。当初から僕らの背景がほぼ描かれていないので、その中でどうやってリアリティーを持たせるんだろう?と思いつつ…。でもその辺ばかりに気を取られると、辛気臭いでしょう? やっぱりこの「コンフィデンスマン」っていうある種の喜劇っていうのかな、その中で「演じ切る」っていうのがね、相変わらず難しいなと思います。

現場で、3人プラス監督たちと話し合って模索してましたよ。だって他の作品の現場に行くと「この役も、リチャードって言えばリチャードだよな」って思ってしまう。だから、素のリチャード、素のダー子、素のボクちゃんを演じている時のほうがむしろ「役作り」っていうのが入っていて、誰かをだましている時の芝居は、他の現場で演じているのとさほど差を感じないっていう(笑)。

毎回リチャードが演じる役によって、芝居も微妙に変わっているから、飽きはしない作品ですよね。長澤さんと、東出くんと、小日向…プラス小手(伸也)くんっていう、みんながいい感じで化学反応を起こしていて、現場がとても楽しいから。お互いにその役として立っている時が本当に楽しくて、もしかしたらこれは、役者人生の中でめったに出会えない作品と役をもらえたのかなって。

…ま、その辺の手応えがね、今一つ、無いっちゃ無いんだけれどね(笑)。

――本作は、中国と韓国で、それぞれ「コンフィデンスマンCN」「−KR」としてリメーク予定と聞いています。

そうなんだよね! ダー子、ボクちゃん、リチャードをね、中国版、韓国版の方々がそれぞれ、どんな人がどんな風に演じるのか、もう楽しみだよね。向こうもこっちの芝居を見るだろうし…完成したら、僕もまさみちゃんも東出くんも、絶対見ると思うよ。(ザテレビジョン・取材・文=magbug)

関連記事(外部サイト)