松坂桃李、迫力満点の殺陣シーンは「大変なことの連続でした」

松坂桃李、迫力満点の殺陣シーンは「大変なことの連続でした」

キュートな笑みを浮かべる松坂桃李

松坂桃李が、5月17日に東京・丸の内ピカデリーで行われた映画「居眠り磐音」の公開初日舞台あいさつに登壇。作品の見どころや、自分にとっての“ヒーロー”について発表した。

本作は、シリーズ累計発行部数2000万部を超える佐伯泰英の同名時代小説を元に、昼間はうなぎ店で働き、夜は両替屋の用心棒として悪と戦う主人公・坂崎磐音(松坂)の奮闘を描いた物語。

舞台あいさつには、松坂の他、木村文乃、芳根京子、柄本佑、杉野遥亮、石丸謙二郎、谷原章介、本木克英監督が登場した。

本作で“時代劇初主演”を務める松坂。公開初日を迎えたことについて「無事に初日を迎えることができ、皆さんと同じ時間を過ごすことができて幸せに思っております。皆さまありがとうございます」と喜びを語りつつ、あいさつ。

また、迫力の殺陣のシーンも見どころだが、苦労した点については「大変なことの連続でした。どのように刀を構えれば眠ったように見えるか、だいぶ練習しました。

柄本さんとも一緒に何度も稽古を重ねる中で、アドバイスを頂きました。あとは3月の撮影だったので、とても寒かったのを覚えています」と明かす。

■ 自分にとってのヒーローは「父」

さらに、“令和初の新時代劇”で磐音というニューヒーローの誕生が描かれていることにちなみ、登壇した一同がそれぞれのヒーローを語ることに。

松坂は「父」を挙げ、「普段はおっとりしていて、声も小さいんですが、僕や姉が悪さをすると、しっかりと叱ってくれて、正してくれました。そんな武士のような、まさに磐音のような父が僕のヒーローです」と明かす。

最後に松坂は「公開まで支えてくれた関係者の皆さま、公開を楽しみに長い間待ってくださった皆さま、本当にありがとうございました」と感謝を込めた。

映画「居眠り磐音」は全国公開中。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)