“町田くん=神様”? 細田佳央太「ここまで人に優しい人はいない」

“町田くん=神様”? 細田佳央太「ここまで人に優しい人はいない」

映画「町田くんの世界」(6月7日・金公開)で主役に抜擢された現役高校生・細田佳央太

人気漫画を原作に、「舟を編む」(2013年)の石井裕也が監督を務めた映画「町田くんの世界」(6月7日・金公開)。岩田剛典、高畑充希、前田敦子、太賀ら豪華キャストが顔をそろえる中、主人公の町田くんを誰が演じるのか話題を集めていたが、そこに起用されたのは異例ともいえるほぼ演技経験ゼロの新人。1000人を超えるオーディションを経て主役に抜擢された現役高校生・細田佳央太の素顔に迫る。

■ 町田くんは真っすぐで一生懸命

――最初に町田くん役に決まったと聞いたときはどう思いましたか?

とにかくうれしかったです。オーディションで選んでいただいたのもそうですけど、映画初主演ということで、全部含めてうれしかったです。でも、逆にそれが自分の中でプレッシャーになったりもしました。

――町田くんは勉強も運動も苦手で、容量も悪く、得意なものが見当たらないけれど、人を愛する才能だけではずば抜けているキャラクター。すぐにこの役を理解することはできましたか?

最初はわけが分からなかったです。自分とは似ているところが何一つなかったので(笑)。でも、撮影の前に1か月間ほど特訓をしていただき、そのときに石井監督が「町田くんは優しくて、全世界の人を家族だと思っている。でも、こんな子はほぼいない。だから、町田くんは神様みたいなものなんだ」という言葉を僕に投げてくださって。そこからは“町田くん=優しい=神様”という共通認識ができたので、そこを芯において役に入ることができたと思います。

――確かに、町田くんは常識的に考えると、ちょっと怖いぐらい人に優しい青年ですね。

と同時に、町田くんは真っすぐで一生懸命なんですよね。分からないことに対して逃げ出さず、真っすぐに向かっていく姿はすごくステキだなと思います。一生懸命とはこういうことなんだと町田くんから教わった気がします。

■ 現場では二人とも台本とにらめっこ

――町田くんは運動神経ゼロという設定で、細田さんが劇中で見せている走り方はかなりインパクトがありました。

原作でも50m走で12秒以上かかるという設定があって、それを再現して、なおかつ一生懸命に見えるにはどうしたらいいかは、監督を含めてスタッフさんとかなり話し合いました。結果、運動エネルギーを前ではなく上に持っていくことで、前には進まないけれど、一生懸命に見えるということで、あの走り方になりました。

――“人が大好き”な町田くんが“人嫌い”のクラスメート・猪原さん(関水渚)と初めて出会い、猪原さんを追い掛けるシーンがありますが、あそこで猪原さんが町田くんに対して「怖い」と思ってしまうのも分かる気がしました(笑)。

あの走り方で追い掛けてこられたら、普通は怖いですよね。演じているときは気づかなかったけど、出来上がった映画を見たときに「さすがにこれは怖いよな…」と僕も思いました(笑)。

――猪原さん役の関水さんもオーディションで選ばれた演技経験ゼロの新人さん。現場で話し合われたことなどはあったのでしょうか?

撮影中は話すことがほぼなくて。それは話さなかったというより、お互いに自分の役のことで精一杯で、話す余裕がなかったんですよね。なので、こうやって取材を受けるようになってから、ようやく話せるようになった感じで。現場では二人とも台本とにらめっこしてました(笑)。

■ 太賀さんの演技は思わず笑いそうに

――共演者は主役級の俳優さんばかり。先輩たちから声を掛けてもらったことは?

生徒役でご一緒だった岩田さん、太賀さん、高畑さん、前田さんは「学校はどうなの? 楽しい?」といったプライベートなことを聞いてくださって、緊張をほぐしていただきました。

本当にどの方からも学ぶべきことばかりだったのですが、(猪原に恋心を抱く西野を演じた)太賀さんと一緒にお芝居をさせていただいたときに、ここまでやっていいんだという驚きがありました。

――確かに太賀さんはかなり突き抜けたお芝居をされていましたね(笑)。

テストのときにはどういう感じで来られるのか分からなかったので、本番であそこまで突き抜けたお芝居をされてきたときに、思わず笑いそうになってしまいました(笑)。

――「町田くんの世界」は細田さんにとっての映画初主演作。エンドロールで自分の名前が一番最初に出てきたときにはいかがでしたか?

興奮しました! 映画はもちろん、ドラマもそうですけど、見ている側としては主演の人の名前が最初に出てくるのは当たり前だと思っていましたが、いざ自分の名前が一番最初に出てくると不思議な感じがしましたね。もちろん、うれしいのが一番なんですけど、驚きもありましたし、いろいろな感情が入り混じった複雑な感じがしました(笑)。

――初主演映画という以上に大きな意味を持つ作品となったと思います。見どころを教えてください。

分からないことを人に聞けないとか、聞くことを恥ずかしく思ったりするのは自分の中にもあるんですけど、わからないことがあるのは当然のことで、それを恥ずかしがらずに聞くことが大事なんだと、僕も町田くんから学びました。わからないから目を背けるのではなく、そこに真っすぐに向き合うこと。そういう当たり前のことが描かれている映画だと思うし、それがこの作品の一番の魅力だと思うので、多くの方に見ていただけるとうれしいです。

■ ドラマやアニメに影響されやすいタイプ

――ちなみに、細田さんは町田くんと同じ現役高校生。現在17歳で高校3年生ですが、高校生活は楽しいですか?

楽しいです。「町田くんの世界」のオーディションを受けたのが高校1年生のときで、取材を受けている今は3年生。長いけど、あっという間だったなと思います。

――学校のお友達の間での細田さんの立ち位置はどんな感じなのでしょうか?

みんなを盛り上げるためのトップバッターになるというよりは、そういう人を見て盛り上がるタイプというか。自分が誰かを引っ張っていくのではなく、引っ張ってくれる人の助けになれればなと。

――個人的にハマっていることはありますか?

僕はドラマやアニメに影響されやすいタイプで、たまたま料理アニメを見ていたこともあって、料理に挑戦してみようかなと。それでこの間、カルボナーラを作ってみました。

今は焼きそばとか簡単なものしか作れないですけど、目標としては魚を下せるようになりたいです。

――目指せ“料理男子”ですね(笑)。では、俳優としての目標は?

今回、「町田くんの世界」に主演させていただいて、これが自分の中で大きな基盤になってくると思います。なので、この映画で学んだことを生かしつつ、新しいこともどんどん吸収して、どんな役もできるようなふり幅の大きい俳優になっていければと思っています。(ザテレビジョン・取材・文=馬場英美)

関連記事(外部サイト)