<居眠り磐音>柄本明の怪演に驚嘆の声!「迫力が別次元」

<居眠り磐音>柄本明の怪演に驚嘆の声!「迫力が別次元」

松坂桃李主演映画「居眠り磐音」が公開中! 柄本明の怪演が話題となっている

松坂桃李の主演映画「居眠り磐音」が5月17日に公開され、柄本明の怪演ぶりが話題になっている。

■ 不気味さ、したたかさ、狡猾さ、執念…見事に表現

本作は、シリーズ累計発行部数2000万部を超える、佐伯泰英の同名時代小説を原作とする時代劇エンターテインメント。昼間はうなぎ店で働き、夜は両替屋の用心棒として悪と戦う主人公・坂崎磐音(松坂)の奮闘を描く。

その中で、刺客の雇い主である阿波屋・有楽斎役の柄本が怪演を見せ、ネット上で話題になっている。

作品を見た人たちからは「バケモノじみた存在感」「ジョーカー並にインパクトある悪役」「迫力が別次元」「柄本明が全部持っていった感」と、柄本の強烈な演技へのコメントが続出。

強烈なビジュアルに加え、1つ1つのせりふ回しや佇まいも、柄本以外にこの役は考えられない存在感を示している。阿波屋・有楽斎の不気味さ、したたかさ、悪賢さ、執念といったキャラクター性を見事に表現。

磐音や、谷原章介演じる今津屋・吉右衛門と対峙(たいじ)するシーンでは、その怪演ぶりが一層際立っている。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)