兼重淳監督、堤真一&柳楽優弥共演の「泣くな赤鬼」は『未来につながる話に!』

兼重淳監督、堤真一&柳楽優弥共演の「泣くな赤鬼」は『未来につながる話に!』

ベストセラー作家・重松清の「泣くな赤鬼」が映画化!

6月14日(金)に公開される映画「泣くな赤鬼」で、メガホンを取った兼重淳監督が作品に込めた思いを語った。

■ 余命半年の元生徒と教師による絆の物語

これまで、「ビタミンF」「とんび」「その日のまえに」「流星ワゴン」など、多数の著書が映像化されてきた重松清。

今回、映画化された「泣くな赤鬼」は、教師と生徒の関係を描き続けてきた重松が「特に教師濃度の高い作品集」と語る短編集「せんせい。」に所収されている作品だ。余命半年の元生徒と、教師による“最後に分かり合えた絆の物語”を描く。

主人公の“赤鬼先生”こと小渕隆を演じるのは、ドラマ「とんび」(2012年、NHK総合)に続く重松作品となる堤真一。

その教え子“ゴルゴ”こと斎藤智之を柳楽優弥、ゴルゴを献身的に支える妻・雪乃を川栄李奈が演じる他、麻生祐未、キムラ緑子、竜星涼ら豪華キャストが集結している。

監督は映画「キセキ-あの日のソビト-」(2017年)の兼重、主題歌は竹原ピストルが担当。竹原初の映画主題歌書き下ろしとなる「おーい!おーい!!」の、優しく情熱的な歌声と胸にしみる詞が感動を加速させる。

■ 兼重淳監督「未来につながっていく話に!」

近年、多くの短編小説が長編映画化されているが、短編小説が映画化される際は、小説には描かれていない余白を表現することも多い。

本作へ込めた思いについて、兼重監督は「未来につながっていく話にしたいと思っていたんです。死で終わる原作の、その先を描くことで、夢や思い、言葉、味などが未来につながる話になるといいなと思いました。とても素晴らしい小説で、かつ短編だからこそ、映画では物語を広げられる可能性を感じたんです」と話す。

そして、本作をより未来につながる物語とするため、いくつかのアイデアを出したとのこと。

それを表現しているものの一つがグローブで、ゴルゴは幼い息子の誕生日にグローブをプレゼントし、かつてのライバル・和田(竜星涼)に「レギュラーはやっぱりオマエだよ」と言いながら、グローブを渡すとシーンは、かつて甲子園への夢破れたゴルゴが、自身の夢や思いを未来に生きる者たちに託すという印象的な場面となっている。

また、ゴルゴの妻・雪乃が義母と一緒に朝ご飯を作るシーンも、兼重監督こだわりのシーン。

ここでは、おふくろの味が未来につながっていくイメージが込められているそうで、さまざまな場面に込められた監督の思いにも注目したい。

■ 映画「泣くな赤鬼」ストーリー

城南工業野球部監督・小渕隆(堤)。陽に焼けた赤い顔と、鬼のような熱血指導で“赤鬼先生”と呼ばれていた。

その厳しさで、甲子園出場一歩手前までいきながらも、夢かなわぬまま、10年の月日が流れた。今では、野球への情熱は随分と衰え、体のあちこちにガタもきている50代の疲れた中年になっていた。

ある日、診察を受けた病院でかつての教え子、“ゴルゴ”こと斎藤智之(柳楽)と偶然再会する。ゴルゴは非凡な野球センスがありながら、堪え性のない性格ゆえに努力もせず、途中で挫折し、高校を中退した生徒である。

今では、20代なかばを越え、妻・雪乃(川栄)、息子・集と幸せな家庭を築く立派な大人に成長していた。そのゴルゴが末期がんで、余命半年であることを知らされる。

あの時、なぜもっと言葉をかけてやらなかったのか、厳しさでしか教え子に向き合えなかった、あのころの後悔。「俺は、分かったつもりで全然わかってなかった―」。

命の期限が刻々と迫るゴルゴの願い、それは「俺、また野球やりたいな」。

赤鬼先生はゴルゴのために、最後に何ができるのか。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)