高杉真宙主演で「前田建設ファンタジー営業部」映画化!「毎日の撮影が戦いだった」

高杉真宙主演で「前田建設ファンタジー営業部」映画化!「毎日の撮影が戦いだった」

広報グループの若手社員を演じる高杉真宙

高杉真宙が、人気ウェブコンテンツを実写化した映画「前田建設ファンタジー営業部」(2020年公開予定)で主演を務めることが分かった。

本作は 、実在する企業・前田建設工業株式会社が、アニメやゲームの世界に存在する空想上の 構造物・建造物の建設を受注し、実現するとしたらどうなるかを、工期・工費を含め正確に検証するウェブコンテンツが原作。

2003年より連載が始まり、2004年には書籍化、2012年には文庫化され、その後もシリーズとして「銀河鉄道999」高架橋編、「機動戦士ガンダム」地球連邦軍ジャブローを創ろう編が発表されるなど、建設業界内外でも話題の取り組みとして知られていた。脚本をヨーロッパ企画の上田誠が、監督を英勉が務める。

■ 高杉が演じるのは広報グループの若手会社員

舞台は2003年、バブル崩壊後の建設業界。ある日、アニメ「マジンガーZ」の出撃シーンの地下格納庫兼プールを、“現状の技術および材料で建設するとしたらどうなるのか?”を光子力研究所の所長・弓教授から発注を受けたということで、それを検証し、ウェブに連載しようと、広報グループ長が提案する。

広報グループの若手会社員・土井航(高杉)は、いやいやながらプロジェクトに携わっていくうち、社内外の技術者たちの熱意、架空のものに対してどこまでも真剣に向き合う姿を目の当たりにして、“意味のないこと”だと思っていた業務に本気で取り組んでいく。

“意味のないこと”に七転八倒しながらも、本気で取り組むサラリーマンたちの姿を描いた本作は、まさに“積算エンターテインメント”(積算=工事などの費用を見積もること)となっている。

■ 高杉真宙コメント

マジンガーZ、ではないその格納庫を作るために皆が奮闘する話。そんな、なかなかないお話がまずは単純に面白い!と思いました 。

周りの皆さんはかなり濃いのでそこに巻き込まれながら自分は自分のキャラクターをブレさせないように。と演じていきましたが、特にファンタジー営業部のメンバーの皆さんは強烈で毎日の撮影が戦いだった気がします(笑)。

すごくちぐはぐで撮影している時は映画っぽくないなぁ。どんな作品になるのか今までで一番予想つかないなぁ。と思っていたんですけど確実にすてきな作品になっていると思います。

夢を見させてくれる、思い出させてくれる映画なんじゃないかなぁと思うので、たくさんの方に見ていただきたいです。

■ 上田誠コメント

世の中にニッチな映画は数あれど、マジンガーZの格納庫を建設する、しかもWEB上で、ということを描いた映画はちょっとすごいな、と思っています。

原作はそしてお堅いゼネコンなイメージの前田建設さんで、 その持ち前の誠実さと技術の確かさと意欲とで、そこのところが執拗に丹念に描かれています。なのでこの映画でもそれをしたつもりです。ファンタジー営業部の「本当」がそこにあると思ったから。

本当が一つあれば強くて、あとはのびやかに書きました。知略あり甘酸っぱさあり妄想ありダムへの詩情ありの、青春を過ぎた青春映画です。

■ 英勉コメント

これは夢のお話だと思っています。大人の夢、子供の夢、仕事への夢、マジンガーZへの夢。 見ていただく皆さんにも、いろんな夢がご自分の近くにもあるんだと思ってもらえれば幸いです。いろいろタダでは済まさない仕掛けを用意してます。が、お手柔らかにお願いします。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)