新旧の“夜神月”が激突!藤原竜也&窪田正孝が“殺し屋”としてバトル!

新旧の“夜神月”が激突!藤原竜也&窪田正孝が“殺し屋”としてバトル!

映画「Diner ダイナー」で藤原竜也と窪田正孝が殺し屋に!

7月5日(金)より公開の映画「Diner ダイナー」の最新場面写真が公開された。

本作は平山夢明による小説が原作で、殺し屋専用食堂の店主とそこにやって来る殺し屋たちの衝突を描くストーリー。

殺し屋専用食堂の店主で、元殺し屋の天才シェフ・ボンベロを藤原竜也が演じ、ヒロイン・オオバカナコを玉城ティナが演じる。また、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二らが全員殺し屋を熱演。さらに、木村佳乃、川栄李奈、コムアイ、SHIHO、MEGUMI、宮脇咲良なども出演し、その顔ぶれに注目が集まっている。

今回、藤原演じる元殺し屋・ボンベロと、窪田正孝演じる殺し屋・スキンの場面写真が解禁された。藤原と窪田は「週刊少年ジャンプ」に連載されていた「DEATH NOTE」の主人公で自身を“神”と称する夜神月を、藤原は映画版、窪田はドラマ版でそれぞれ演じたという共通点が。そんな2人が今作では、“殺し屋”同士となり、激突する。

今回解禁された場面写真では、2人が並び立つ姿や、互いに向き合う姿が描かれており、黒と白の衣装の対比も印象的。かつて同じ“神”を演じていた藤原と窪田が、本作で一体どんな表情を見せるのか注目だ。

■ 「Diner ダイナー」あらすじ

そこは、命がゴミのように扱われる、殺し屋専用の食堂ダイナー。店主は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ(藤原)。日給30万の怪しいアルバイトに手を出したオオバカナコ(玉城)は、ウェイトレスとしてそこに売られた。次々と店にやってくる殺し屋たち。オーダーは極上の料理か、殺し合いか...店主、ウェイトレス、殺し屋たち。新たな殺し合いが今、始まる。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)