窪田正孝が放つ圧倒的色気、映画「Diner ダイナー」劇中カット解禁

窪田正孝が放つ圧倒的色気、映画「Diner ダイナー」劇中カット解禁

映画「Diner ダイナー」で殺し屋・スキンを演じた窪田正孝の劇中カットが公開!

7月5日(金)より公開される映画「Diner ダイナー」の窪田正孝の劇中カットが解禁された。

平山夢明による小説を原作に、殺し屋専用食堂の店主とそこにやって来る殺し屋たちの衝突を描くストーリー。

殺し屋専用食堂の店主で、元殺し屋の天才シェフ・ボンベロを藤原竜也が演じ、ヒロイン・オオバカナコを玉城ティナが演じる。

また窪田の他、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二らが全員殺し屋を熱演。

さらに、木村佳乃、川栄李奈、コムアイ、SHIHO、MEGUMI、宮脇咲良なども出演し、その顔触れに注目が集まっている。

今回解禁されたのは、はかなげな表情を見せるスキンとカナコとのツーショット。窪田演じるスキンは、全身がすさまじい傷跡で覆われ、近寄りがたい雰囲気をまとう殺し屋だ。殺し屋として、超一流の腕を持つスキンは、ボンベロとの付き合いも長いという役どころ。

SNS上では既に解禁されている情報だけでも、スキンのその色気あふれるビジュアルが話題となっている。傷の奥に隠された端正な顔立ち、カナコにも紳士的に振る舞うその優しさとその裏に隠された狂気のギャップが魅力的なキャラクターだ。

誰よりも繊細な心を持ち、優しさの中に狂気をはらんだスキンを窪田がどのように演じるのかにも注目したい。

■ 「Diner ダイナー」あらすじ

そこは、命がゴミのように扱われる、殺し屋専用の食堂ダイナー。店主は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ(藤原)。

日給30万の怪しいアルバイトに手を出したオオバカナコ(玉城)は、ウェートレスとしてそこに売られた。

次々と店にやってくる殺し屋たち。オーダーは極上の料理か、殺し合いか…店主、ウェートレス、殺し屋たち。新たな殺し合いが今、始まる。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)