宇垣美里、“衝動”と“願望”告白「別の自分になれたら、もっと楽しいことが…」

宇垣美里、“衝動”と“願望”告白「別の自分になれたら、もっと楽しいことが…」

映画「ピアッシング」公開直前トークイベントに登壇したフリーアナウンサー・宇垣美里、実業家・前田裕二

6月28日(金)より公開の映画「ピアッシング」公開直前トークイベントが、6月26日に都内で行われ、フリーアナウンサーの宇垣美里とSHOWROOM株式会社代表取締役・前田裕二が登壇した。本作は、村上龍による小説をハリウッドで映画化したもので、殺人衝動を抱える男と、自殺願望を持つSM嬢が織りなすサイコスリラーだ。

トークイベントに登壇した宇垣は、本作を鑑賞した感想を「原作は読んでいたのですけど、海外っぽい世界観、スピード感が映画化にピッタリでとっても楽しみにしていました。サイコホラーではあるけど、とっても純粋なラブロマンスのような作品でアッという間に引き込まれましたね」と、コメント。前田は「僕は日常に刺激を求めているので」と明かし、「刺激的なシーンがたくさんあって、ドキドキ、ワクワクさせてくれる作品でよかったですね。狂気や闇について考えるのは、人間として必要なことだと思います」と、満足げに語った。

本作は、サスペンス、ラブストーリー、さらにコミカルな要素などさまざまなエッセンスが加えられている。そんな本作のどのシーンに心を打たれたかを訊ねられた宇垣は「主人公が女性の部屋に行ってベッドの上で話しているシーンです。怪物同士の心理描写ですね」と、回答。「2人の会話がディスコミュニケーションで、アンジャッシュさんのコントのようになっているけど、その中でお互いに切実に相手を求めている2人がいて、一番胸に響いたシーンでした」と語ると、前田はそのコメントを早速メモ。前田は「自分が思ってもない視線で見られていたのでやっぱり映画は面白いなって思ったので。それに…やっぱり映画は一人で見るものじゃないですね」と笑顔を見せた。

「殺人衝動」「自殺願望」の出会いが生んだサスペンスを描く本作にちなみ、フリップボードを使って2人が自身が抱く衝動と願望について告白する企画も。

宇垣は“旅に出たい衝動”“記憶を失いたい願望”をあげた。「見たことがないものを見たいって気持ちがあって、休みの日は旅行に行くことが多いです。旅に出ることで、その場所で客観的になれて映画を見ているみたいな、読書しているみたいな感情になれる。記憶を失いたいのは、一度自分の全部を0から始めて違う人になってみたいと思います。別の自分になれたらもっと楽しいことがあるのかなって考えますね」と、本音を吐露。

一方、前田は“深夜に一人でバスケをしたくなる衝動”と“女子トークしたい願望”をあげる。「深夜1時くらいに急に運動したくなってしまい、不意にやりたくなってしまいます。朝から晩まで効率とか生産性を考えてずっと生活しているので、意識的に無意識や無我になる時間が必要かなと思って最近大事にしています」と、語った。

さらに、「人格をいっぱい作って追体験できたらと最近考えていて、Vtuberの前田ゆうこちゃんに僕の女性性をすべて反映させて、Vtuberで女子トークなど挑戦しています」と、実際に女子トークを楽しんでいる様子。

最後に改めて作品について魅力を語った宇垣と前田。宇垣は「狂気的ですけど普遍的で、滑稽ですけど切なくて、そんないろんな感情を楽しめる作品になっております。原作そのままのスピード感で、自分っていったい何なのだろうって改めて感じてもらえたらいいなって思います」と、アピール。

前田も「日常生活で絶対考えないテーマや触れ合えない作品に出合えるのが映画の魅力で、狂気と愛という組み合わせのテーマに触れ合って、改めて自分を見つめ直すきっかけや視野を広げるきっかけになっていただけたらと思います」と、熱く語った。

■ 「ピアッシング」あらすじ

主人公は自分の幼い娘をアイスピックで刺したいという衝動に駆られる男。彼はその衝動を抑えるため、SM嬢をホテルに呼び出して殺害する計画を立てる。しかし計画は滑稽なほど思い通りにはいかない。ホテルにやってきた女は、いきなり自分自身を傷つけて倒れこんでしまう。これはリアルな悪夢なのか、シュールな現実なのか?刃を外に向ける者と内に向ける者は、磁石のプラスとマイナスのように交わり、やがて共鳴していくのだろうか…。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)