松たか子&神田沙也加“アナ雪”続投「ドキドキでいっぱい」

松たか子&神田沙也加“アナ雪”続投「ドキドキでいっぱい」

松たか子(エルサ)と神田沙也加(アナ)の続投が決まった「アナと雪の女王2」

11月22日(金)より日米同時公開となる“アナ雪”最新作「アナと雪の女王2」の日本版キャストに、松たか子(エルサ役)と神田沙也加(アナ役)の続投が決定。日本版吹替特報映像も解禁となった。

前作「アナと雪の女王」(2014年)は歴代興行収入第3位を記録。90年以上続く歴代ディズニー作品でもトップを走り続け、“アナ雪”の名で社会現象にもなった。

6月18日に日本版特報映像が公開され、前作では語られなかった「エルサの力の秘密」が描かれることが判明。日本中が映画の公開を待ちわびる中、松、神田がボイスキャストを務める吹替版特報映像が公開された。

これを受けて、松は「エルサがその力を与えられた秘密が明らかになる『アナと雪の女王2』、再びエルサに出会える喜びと、どんなストーリーが待っているのかというドキドキでいっぱいです。また新しい世界での旅を、是非ご一緒に」とコメント。

また、神田は「『アナと雪の女王2』でもアナ役を演じさせていただくことになり、とても光栄に思っております。より大人の女性らしさが増したアナとエルサの姉妹の絆、ドラマティックな歌にもご注目してご覧いただきたいです。前作を、音楽も共にたくさん愛していただけたことが本当に嬉しかったので、続編を待ち望んでくださった皆様に感謝の気持ちを込めて、力を尽くしてまいります」と語った。

■ あらすじ

アレンデール王国を治めるエルサ(声・松)とアナ(声・神田)の姉妹は、深い絆で結ばれ、幸せな日々を過ごしていた。

だが、エルサにしか聞こえない不思議な“歌声”によって、姉妹は未知なる世界へと導かれる。それは、エルサの“魔法の力”の秘密を解き明かす、驚くべき旅の始まりだった。

なぜエルサに力は与えられたのか?アナとエルサに加え、前作で大事な仲間となったクリストフとオラフと共に歩む先で待ち受ける冒険と明かされるすべての秘密とは…。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)