山崎賢人が声優初挑戦の「二ノ国」美しく壮大なシーンがついに解禁に!

山崎賢人が声優初挑戦の「二ノ国」美しく壮大なシーンがついに解禁に!

8月23日(金)から公開されるアニメーション映画「二ノ国」

山崎賢人が声優に初挑戦する、8月23日(金)公開のアニメーション映画「二ノ国」。山崎は高校でトップクラスの秀才で、車イスで生活している主人公・ユウの声を演じる。また、ユウの親友で高校生のハルの声を新田真剣佑、ユウとハルの幼なじみで活発な女子高校生・コトナと異世界である二ノ国の姫“アーシャ”の2役を担当するのは、永野芽郁。

さらに、宮野真守、坂本真綾、梶裕貴、津田健次郎、山寺宏一といった声優チームの他、ムロツヨシ、伊武雅刀ら実力派俳優が脇を固める。

そして、スタジオジブリで多くの名作を描いてきた百瀬義行監督と、製作総指揮・脚本を務める日野晃博の思いが詰まった幻想的な映像美に、久石譲が音楽が吹き込んだ本作を代表するシーンがついに完成! その一部が解禁となった。

久石は、「観客に寄り添う」ことを基本としているが、本作では「今回はエンターテインメントなので、久しぶりに状況や人物の心情に添って作った」という。さらに本作では、“一ノ国”では室内構成、“二ノ国”ではフルオーケストラと、使う音楽を使い分けたという。

■ 気になるあらすじは?

冷静沈着で車イスのユウ、バスケ部の人気者のハル、ハルの彼女コトナの3人は幼なじみ。ある日、突然襲われたコトナを助けようとしたユウとハルは、 現実世界と並行する魔法世界「二ノ国」へ引き込まれる。そこは命がつながった“もう一人の自分”がいる世界。次第にユウはコトナにそっくりなアーシャ姫に引かれていく。

しかし、そこには「コトナの命を救うにはアーシャの命を奪わなければいけない」という残酷なルールがあった。コトナを救いたいハル。アーシャを守りたいユウ。“大切な人の命”をかけた究極の選択が迫る時、ユウとハルが下した決断とは?(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)