三吉彩花、やしろ優らが生ダンス!「狙いうち」に大歓声

三吉彩花、やしろ優らが生ダンス!「狙いうち」に大歓声

矢口史靖監督、ムロツヨシ、chay、三吉彩花、やしろ優、三浦貴大、宝田明(写真左から)

8月16日(金)に公開される、矢口史靖監督の最新作「ダンスウィズミー」のジャパンプレミアが7月18日に東京都内で行われ、主演を務める三吉彩花をはじめ、やしろ優、chay、三浦貴大、ムロツヨシ、宝田明、矢口監督が登壇。イベントでは、三吉をはじめとするキャストたちが、映画さながらのダンスを披露し、会場を盛り上げた。

本作は、音楽を聴くと“歌って踊りたくなる”という催眠術にかけられた一流企業のOL・静香(三吉)が巻き起こす騒動を描いたミュージカルコメディー。

■ 三吉彩花「スキルが足りないのではと毎日葛藤」

イベントでは、劇中で静香がレストラン内で踊り狂った「狙いうち」のBGMが会場に流れはじめ、三吉とやしろが音楽に合わせて踊り出したスタッフ、お客さんと一緒にキレッキレなダンスを披露。さらに、ノリノリでchayや三浦、ムロらも登場し、会場を沸かせた。

日本中のオーディションからヒロインの座を勝ち取った三吉は「今までにないようなコメディーミュージカルを作るということで、いい期待をたくさん持っていただいたのですが、主演のプレッシャーを感じたり、スキルが足りないのではと毎日葛藤することがありました」と謙遜(けんそん)しながらも「でも、海外の方にも受け入れていただいて、いろいろな方に評価してもらって、頑張ってよかったなと感じています」と胸を張った。

一方、矢口監督から「『スター・ウォーズ』のR2D2をイメージしてキャスティングした」と明かされたやしろは、「そんなにデコボコしています?」とおどけ、会場の笑いを誘った。

また、250時間のトレーニングを乗り越えた三吉が「静香が踊り出すオフィスのシーンはとても華やかで、楽しくて皆さんも踊り出してしまいそうになると思います」と話すと、やしろも「ほっこり笑えたり、くすって笑えたりといろいろな笑いがあるんですけれど、生の玉ねぎを皮ごとかじるシーンは本当に催眠にかかっているので笑いながら見てください」と自らのシーンをアピール。

そして、chayはプライベートでも仲良しな三吉、やしろが出演するダンスシーンについて「普段仲良くしているみよっちゃん(三吉)や、やしろ優ちゃんがいっぱい踊っているシーンを見ているとたくさん練習したんだと思って自然と涙が出てきて…」と答えると、矢口監督から「それって親心じゃないですか」とすかさずツッコミが入り、観客たちから再度笑いが巻き起こる場面も。

ラストには、矢口監督が「カナダとか上海とかいろんなところへ行ったのですが、どこでもすごい反応が返ってきました。でも、この映画は日本のお客さまのためにも作った日本人による日本のミュージカルです。もし楽しければ踊っちゃってもかまいません。リラックスして心の底から楽しんでください!」とコメント。

さらに、「この後、今日1番面白いことをムロさんが言います」とムチャ振りし、それに対しムロは「はーーーーい!? そんな、面白いことって! ムロツヨシでございます。えーーーーっと作品の最後は皆さんの笑いで完成します。

僕はそれを見届けたくお客さんと一緒に見ようと思っています。こんなに和気あいあいとしているわれわれの作品をぜひお楽しみください」と、持ち前の適応力で締めくくると会場から盛大な拍手が巻き起こった。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)