中村ゆり、初共演・加藤雅也に「ダビデ像みたいに美しくて、クールな方なのかと」

中村ゆり、初共演・加藤雅也に「ダビデ像みたいに美しくて、クールな方なのかと」

映画「影に抱かれて眠れ」の完成披露試写会が行われ、主演の加藤雅也、共演の中村ゆりらが登壇した

9月6日(金)公開の映画「影に抱かれて眠れ」の完成披露試写会が8月6日に東京都内で行われ、主演の加藤雅也、共演の中村ゆり、松本利夫(EXILE)、カトウシンスケ、若旦那、和泉聖治監督が出席した。

北方謙三の小説「抱影」を映画化した本作。加藤は「今から1年ほど前の猛暑の中で撮影した映画で、このようにお披露目できる日が来たことを光栄に思います」とうれしそうに語った。

また、紅一点の中村は「見た目はちょっといかつくて怖いお兄さんに囲まれながらの撮影になりましたが、皆さんが少年のように映画を作っている姿を見て、この映画同様にロマンを持って生きるってすてきだなと感じました」とユーモア交じりに報告した。

そんな中村を、加藤は「監督が『ヒロインは中村さんしかいない』と言っていたけれど、初めて中村さんとお会いした時に本当に透明な方で…。監督の言っている意味がわかりました」と絶賛。

それに中村は「ありがとうございます」と照れつつ、「加藤雅也さんはダビデ像みたいに美しくて、クールな方なのかと思ったけれど、近所のお兄さんみたいに気さくな方でした」とイメージとは裏腹の人柄に感謝していた。

松本は「実は最初と最後のシーンが僕なんです。いいポジションをいただきました。その辺も見てください」とニヤリ。

若旦那は「役をもらった時にオーダーされたのは、食べ方を汚くするということ。でも、その食べ方から僕の中で映画が始まった気がします。ただそれが豚足で…。手づかみで食べたので匂いが二週間くらいとれなくて困りました」と熱演ぶりを伝えた。

■ 初プロデュース・中野英雄が登壇

一方、カトウは「真っすぐに兄貴を慕う役どころで、撮影中は慕える兄貴の背中があったのでやりやすかった。すべて兄貴にお任せする感じでした」と大先輩の胸を借りたことを告白。

それに加藤が「うまいことを言うなぁ〜」と感心すると、すかさず「うそです! 怖い先輩方ばかりで肩身の狭い現場でした!」とジョークで笑わせた。

和泉監督は「平成最後の夏、本当に暑い夏で僕らも熱かった。限りなくフィルムノワールに近いハードボイルド映画です。俳優さんたちの汗の量もすごいです。みんな汗だくでした」と漢(おとこ)たちの現場を回想した。

ここで、本作でプロデュース業に初挑戦した俳優・中野英雄と、脚本を担当した小澤和義がサプライズで登壇。

中野は「初めてのプロデュースで右も左も分からなかったけれど、今日という日を迎えることができて最高です」と満面の笑みを浮かべた。

小澤は準備稿が17稿にも及んだことに触れつつ、「中野英雄のプレッシャーと監督のプレッシャーがすごかった」と激闘を口にしていた。

最後に加藤は、「日本ではハードボイルドやフィルムノワールの映画を作るのが難しくなっている。その中で今回のような作品が完成したのはうれしい。このような映画がもっと支持されて、もっと作っていきたいという思いがある。多くの人に見ていただき、宣伝していただきたい」と熱い思いを吐露した。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)