山田裕貴、“鬼邪高校の集大成”に「全てを愛していただければうれしい」

山田裕貴、“鬼邪高校の集大成”に「全てを愛していただければうれしい」

レッドカーペットに登場した山田裕貴と一ノ瀬ワタル(写真左から)

俳優の山田裕貴が、8月19日に東京都内で行われた10月4日(金)公開の映画「HiGH&LOW THE WORST」最速プレミア試写会イベントに登場。同作に出演する川村壱馬、志尊淳ら豪華キャスト・スタッフとレッドカーペットに参加、そして舞台あいさつを行った。

男たちの友情と熱き闘いをメディアミックスで描く「HiGH&LOW」シリーズと、累計7500万部突破する高橋ヒロシ原作の不良漫画「クローズ」「WORST」のクロスオーバーが実現した本作。

レッドカーペットイベントでは、キャスト陣がそれぞれチームごとのテーマソングと共にファンの前に登場した。

山田は、同じく鬼邪高校・定時制キャストの一ノ瀬ワタルと共にレッドカーペットに登場。

“鬼邪高校の絶対的リーダー”村山良樹を演じ、「HiGH&LOW」シリーズを長らく支える山田は「今回、鬼邪高にスポットを当てて頂けるということは長くシリーズに関わってきた中でとてもうれしいことでした。

今日は会場に来られていませんが、土屋役の鈴木貴之くんをはじめ、4年間ずっと同じ人が一緒に鬼邪高生として演じてくれたりしていて。たくさんの方たちとずっと一緒にやってきたからこそだと思っています!」と、念願の鬼邪高ストーリーに対して喜びをかみ締めた。

■ 山田「愛がすごいです!」

また、レッドカーペット後には会場を移して舞台あいさつも実施。

鬼邪高校の集大成ともいえる本作について、山田は「愛がすごいです!」と感慨深げな様子を見せる。

さらに「集大成や世代交代…見たらなるほどなと思うポイントがあるので、ぜひ見て楽しんでもらえたら、という気持ちで臨みました」とコメントし、会場を盛り上げた。

一方、鬼邪高校最年長で村山を慕う関虎太郎役の一ノ瀬も「本当に俺たちの中で、ずっとこの役を演じてきて、ラストシーンでは胸を打たれました。ぜひ見てほしいし、皆さんの胸を打ちたいです!」と語り、会場からは割れんばかりの拍手が起こる。

最後に、山田は「思いをラストのシーンに、文字で込めました。これは村山の思いでもあり、僕の思いでもあります。『ハイロー』や鬼邪高を愛してくださった皆さま、僕らをこの世界に入れてくれた皆さまへの感謝を込めましたので、一瞬ですがじっくり目を凝らして見ていただければと思います。

いろんな目線で楽しめる作品なので、全てを愛していただければうれしいです。感想も“轟かせて”やってください!」と力を込めた。

※記事内、高橋ヒロシの「高」は、正しくはハシゴダカ(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)