「ゾンビランド:ダブルタップ」予告編&ポスター解禁!日本でも人気のキャスト・制作陣が集結

「ゾンビランド:ダブルタップ」予告編&ポスター解禁!日本でも人気のキャスト・制作陣が集結

映画「ゾンビランド:ダブルタップ」は11月22日(金)公開

11月22日(金)公開の映画「ゾンビランド:ダブルタップ」の日本版予告編&ポスターが解禁された。

今回、ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン、エマ・ストーンらいずれもアカデミー賞受賞・ノミネート経験のあるキャストが集結。

さらに映画「ヴェノム」(2018年)監督、ルーベン・フライシャーと、映画「デッドプール」(2016年)脚本、レット・リース、ポール・ワーニックの制作陣で描いたエンターテインメント作品となっている。

■ 映画「ゾンビランド:ダブルタップ」ストーリー

2009年、地球は爆発的なウイルス感染により人類はゾンビと化し、数少ない生き残りの1人であるアメリカ・テキサス州の生存者、コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)は、「生き残るための32のルール」を作り、タラハシー(ウディ・ハレルソン)、ウィチタ(エマ・ストーン)、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)らと共に、互いを支え合ったり、裏切ってみたり、恋したり、親の気持ちになったりしながら、明るくゾンビ社会を生き抜いていた。

あれから10年。2019年の地球はさらに激しくゾンビ化し、さらに進化を遂げていた。なんだかんだで“ファミリー”の4人は、さらにパワーアップさせた“73”のルールで、生き残りを懸ける。

■ 日本版予告編とポスターも解禁

タイトルにもなっている“ダブルタップ”とは、主人公コロンバスが作った「生き残るための32のルール」の一つで、ゾンビを二度撃ちしてとどめを刺すルール。

このたび解禁となった予告編には、コロンバスら4人が「ルールさえ守れば何でもアリ!」と武器を片手に激しく楽しくゾンビをなぎ倒しながら生き抜く姿が描かれている。

さらに新たなサバイバーと思われる女子も登場し、なぜかプレスリー化したタラハシーも暴れまくるなど、予想もつかない展開の映像となっている。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)