桐谷美玲、鈴木伸之を「抜けてるのがカワイイ」 映画「リベンジgirl」大阪舞台挨拶

桐谷美玲、鈴木伸之を「抜けてるのがカワイイ」 映画「リベンジgirl」大阪舞台挨拶

大阪で映画『リベンジgirl』の舞台挨拶が行われた

映画「ヒロイン失格」で主演した桐谷美玲とラブストーリーの名手「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」の三木康一郎監督による新作映画「リベンジgirl」の舞台挨拶が12月24日、大阪駅にある大阪ステーションシティシネマで行われた。桐谷美玲、鈴木伸之が登壇し、桐谷は「今日はクリスマスイヴということで今年のクリスマス1番の思い出にしてほしい」と挨拶した。

本作は、東大卒、元ミスキャンパスグランプリで自分を信じて疑わない「イタい」性格を除いては完璧なヒロイン宝石美輝(桐谷美玲)がプロポーズ間近だと思っていた政治家一家の恋人から裏切られ大失恋を味わってしまう。そんな元カレを見返すため総理大臣を目指す美輝は政治塾のスタッフ・俊也(鈴木伸之)から厳しいアドバイスを受けながらも有権者の心をつかんでいく。そして選挙戦を戦ううちに2人は仲間以上の気持ちが芽生えるというストーリー。

桐谷は共演前、鈴木のことを出演している映画「HiGH&LOW」シリーズやテレビドラマ「あなたのことはそれほど」のイメージが強かったのだが、実際に会ってみると「ちょっと抜けていてカワイイ」と思ったという。前の回で舞台挨拶した時も、桐谷の役に対しての取り組み方を一生懸命やっているということを鈴木が「『シンゲキ』にやっている」と言っていて、困惑したという桐谷。当初は「『真剣』の言い間違いかな」と思ったがどうやら本当は『真摯』と言いたかったらしく本気の間違いだったエピソードを語り、会場は笑いに包まれた。

また、鈴木は桐谷を「映画に出てくる47着の衣装がどれも似合う方ですごい気さくな方」と紹介。続けて「堂々としていて、抜けている部分が何かないか探してやろうと思ったが全然ない人」と話した。鈴木は桐谷の秘書という役どころから桐谷が出演しているニュース番組「NEWS ZERO」を自然とチェックするようになったという。そんな鈴木を桐谷は「すごいサポートしてくれる」と高評価。「撮影では昨日の『NEWS ZERO』の感想から始まり、疲れて眠たい時はそっとしてくれたり、また現場を盛り上げる時は華やかにしてくれる」と鈴木の撮影でのマメな活躍を明かした。(関西ウォーカー・関西ウォーカー編集部/ライター桜井 賢太郎)

この記事の続きを読む