亀梨和也「グループ活動を潤すことが自分の使命」KAT-TUNへの思い力強く語る

亀梨和也「グループ活動を潤すことが自分の使命」KAT-TUNへの思い力強く語る

亀梨和也がKAT-TUN愛を語った!

三島由紀夫の異色SF小説を現代設定に大胆脚色した映画『美しい星』(公開中)の公開記念舞台挨拶が5月27日にTOHOシネマズ日本橋で開催され、リリー・フランキー、亀梨和也、橋本愛、中嶋朋子、佐々木蔵之介、吉田大八監督が登壇。「自身の使命」について聞かれた亀梨が、「グループ活動を潤すことが使命だと感じている」と力強く語った。

本作は、ある日突然、異星人として覚醒した一家が地球を救おうと奮闘する姿を描く物語。会場からの声援を浴びると、亀梨は「ありがたい」とニッコリ。「三島さんの原作を吉田大八監督が作り上げる、こういった世界観に参加させていただいてうれしい。貴重な経験になった」と充実感をみなぎらせた。

この日は、登場人物が使命を感じていく瞬間が描かれることから、「亀梨さんにとっての使命とは?」と質問が上がった。亀梨は「お仕事」とキッパリ。「グループ活動をさせてもらっているので、そこをちゃんと潤すことが自分の使命だと感じている」と所属するKAT-TUNへの並々ならぬ思いを語った。

役者としての姿勢については「ああいう役をやりたい、こういう役をやりたいというよりかは、監督に声をかけていただいて、そういった巡り合わせや出会いのなかで、自分がどういったもので返せるかという段階」と吐露した亀梨。「とにかく今は与えていただくものに対して、しっかりと向き合える自分でいたいなと感じています」と真摯な胸の内を明かす。

本作では新鮮な表情をのぞかせている亀梨だが、「ジャニーズ感が強めで生きているので」と笑顔を見せつつ、「そういったところをお芝居や作品によって、自由自在に出したり消したりできるようになりたい。今回も、監督に身を委ねてやらせていただいた」と役者業への意欲を語った。

また共演の橋本について、亀梨は「現場で、牛にびっくりするくらい反応していた」と劇中に登場する“牛”に興奮していたことを暴露。「シュッとしている女優さんだな、素敵だなと思っていた。でも、牛と出会った瞬間のはしゃぎっぷりと言ったら!『牛ー!』って誰よりも速く走って行った」と意外な一面を見たそう。

橋本は「牛が大好きで。人間より大きい動物が大好きなんです。すごくないですか?」とハニカミ笑顔を見せ、会場を笑わせていた。【取材・文/成田おり枝】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)