ハリウッドにも高齢化の波が…オーバー80の最強じーさん軍団現る!?

ハリウッドにも高齢化の波が…オーバー80の最強じーさん軍団現る!?

名優フリーマン、ケイン、アーキンが仲良し3人組を演じる

近年『エクスペンダブルズ』シリーズなどの大ヒットから、ハリウッドではアラフィフ、アラシックスのベテラン俳優がハードなアクションに再チャレンジする映画が続々登場しているが、ついに80歳オーバー“アラエイティ”のベテラン俳優が大暴れする映画が誕生!

6月24日(土)公開の映画『ジーサンズ はじめての強盗』は、平穏な余生を過ごすつもりだったじーさん3人組が、40年以上働いた会社から突然の“年金打ち切り”を告げられ、銀行からも見放されたことから「俺たちの年金を取り戻すぞ!」と奮起して銀行強盗を企てるという犯罪コメディだ。

この映画で銀行強盗になろうとするじーさんたちを演じるのは、モーガン・フリーマン80歳(『ショーシャンクの空に』『ミリオンダラー・ベイビー』)、マイケル・ケイン84歳(『サイダー・ハウス・ルール』『ダークナイト』シリーズ)、アラン・アーキン83歳(『リトル・ミス・サンシャイン』『アルゴ』)の合計247歳(!)の3人。いずれもハリウッドを代表する超ベテラン&オスカー受賞者という名優ぞろい。

モーガン・フリーマンが演じるのは、孫にメロメロで実直な男ウィリー。マイケル・ケインは、冷静沈着な知能派じーさんジョーに扮する。ジョーは銀行強盗を思いつき、他のじーさんを先導していく重要なキャラクターだ。そしてアラン・アーキンは心配性で気難しい“モテ”じーさんアルを熱演する。

40年間、真面目に働いてきたじーさん3人組が銀行強盗になるための猛特訓を繰り広げる姿はとってもチャーミング。「予行演習じゃ!」とばかりに近所のスーパーで万引きしては速攻で警備員に確保され若い店長に説教されるシーンは、思わず「カワイイ!」と言ってしまいたくなるおもしろさ。しかしストーリーが進むごとに“持病の悪化”や“老いらくの恋”など、それぞれのキャラクターが抱える苦悩も描かれるので、観客もいつの間にか「じーさん頑張れ!」と感情移入ができる作品でもあるのだ。

齢80を過ぎた“三匹のじーさん”の奮闘ぶりに笑わされつつ、最後にはジーンと感動してしまう本作。人生最後の大勝負に打って出る男たちの闘いに、元気と勇気をもらえること間違いなし!【トライワークス】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)