佐々木蔵之介、千利休役の佐藤浩市にツッコミ!「コーヒー飲んではった」

佐々木蔵之介、千利休役の佐藤浩市にツッコミ!「コーヒー飲んではった」

佐々木蔵之介「お茶ちゃうんか!」とツッコミ!

京都に実在した花の名手・池坊専好を野村萬斎が演じる映画『花戦さ』の初日舞台挨拶が6月3日に丸の内TOEIで開催され、野村萬斎、市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市、山内圭哉、和田正人、森川葵、吉田栄作、篠原哲雄監督が登壇。佐々木が「(現場で)浩市さんがコーヒー飲んではった。お茶ちゃうんか!」と茶人・千利休を演じた佐藤をいじり、会場を笑わせた。

本作は、秀吉の権力が栄華を極めた時代を舞台に、暴君・秀吉に刃ではなく、花をもって戦いを挑んだ男の姿を描く痛快時代劇。

「見どころ“マンサイ”だったと思います」と語りかけ、会場から大きな拍手を浴びた萬斎は、豪華共演者陣との撮影を振り返り、「ロイヤルストレートフラッシュ。そろったという感じ」とニヤリ顔。中井も「異種格闘技戦みたい」と楽しそうな笑顔を見せた。

そんななか佐々木は「浩市さんがコーヒーを飲んではった」と佐藤が千利休の扮装をして、コーヒーを飲んでいたことを暴露。「お茶ちゃうんか!しかも紙コップかい!」とツッコんで、会場を笑わせていた。

その佐藤は、萬斎との共演について「また野村萬斎を見れるなという面白さがあった」と大いに楽しんだ様子。萬斎は「僕はけったいな役が多いので、受け止めていただける方がいるというのは幸せ」と佐藤の懐の深さに感謝していた。

また、「秘策をもって権力に立ち向かうこと」がテーマとなることから、「壁にぶつかったときの秘策」を聞かれる一幕も。萬斎は「昔は、エレキギターを爆音で弾くことだった。今はモノマネをしたり」と意外な秘策を告白。佐々木は「目標を決めるから壁ができる。僕は『セリフが覚えられない、役者に向いていないな』とかこまめに日々へこんでいるので、壁ができない」と“壁を作らない方法”を語っていた。【取材・文/成田おり枝】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)