頑張る大人を応援!奥田民生が歌う『カーズ』最新作の楽曲PVに涙

頑張る大人を応援!奥田民生が歌う『カーズ』最新作の楽曲PVに涙

マックィーンの向かう先には、人生の岐路を連想させる分かれ道が…

ディズニー/ピクサー最新作『カーズ/クロスロード』(7月15日公開)の日本版エンドソングとして、奥田民生が書き下ろした「エンジン」。そのノスタルジックなメロディとドラマチックな映像が融合した楽曲PVが公開された。

シリーズ第1作『カーズ』(06)でレーサーとして自信過剰な新人だった主人公ライトニング・マックィーン。メーターや仲間たちと触れ合い、本当に大切なものに気づいた彼は真のスターとしてサーキットを走り続けてきた。そんな彼を本作で待ち受けていたのは、次世代レーサーの台頭とレース人生を揺るがす壮絶クラッシュだった。

「エンジン」は大きな挫折をきっかけに“運命の決断”を迫られるマックィーンの心情を表現した1曲。先日、同曲を収録した予告編が解禁されると「涙が出る」「胸を打つ」「息ができない」といった大人たちの反響がネット上で続出。今回のPVも過酷な“人生の岐路=クロスロード”を前にしながらも「駆け抜けて行こう 山を越えて 時を超えて」と選んだ道を進むマックィーンの背中を押すような印象を与える。

サーキットの最前線を疾走し続ける彼のように、音楽シーンの第一線で歌い続ける奥田が手掛けたからこそ「エンジン」にはマックィーンの苦悩や決断が見事に反映されている。人生の分岐点に立つ大人たちへの応援歌に聴き入り、映画への期待を高めよう。【トライワークス】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)