片寄涼太、一番苦しんだのは土屋太鳳との「バックハグのシーン」

片寄涼太、一番苦しんだのは土屋太鳳との「バックハグのシーン」

胸キュンシーンの難しさを告白!

夜神里奈の同名少女コミックを実写映画化した『兄に愛されすぎて困ってます』(6月30日公開)。ドキドキするようなシーンやセリフ満載の恋物語で共演を果たした土屋太鳳と片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)を直撃!二人の思う“イケメン”や、「一番苦労した!」という“バックハグシーン”について語り合ってもらった。

突然訪れた人生初のモテ期に困惑しながらも、自分の本当に好きな人を見つけ出そうとする女子高生・せとか(土屋)と、せとかを愛しすぎる兄・はるか(片寄)を中心に繰り広げられるラブストーリー。初共演を果たした土屋と片寄だが、お互いの印象はどんなものだっただろうか?

片寄は、初めて挨拶した時のことをこう振り返る。「土屋さんはすごく丁寧で、真面目な方なんだなと思いました。もしかしたらちょっと壁ができてしまうかな?と思ったんです」。しかし撮影が始まるや「すごくお茶目な面があった」と意外な面を見たそう。「変顔をして一緒に写真を撮ったりしました。SNSにあげられる写真は、ほとんどないんじゃないかっていうぐらいの変顔(笑)。それぐらいのお茶目な面を発揮してくれたし、ずっと妹のように現場にいてくれたので、とても助けられました」。

一方の土屋は、片寄に「クールなイメージがあった」と照れ笑い。「でも実際にお会いすると、とても穏やかで。片寄さんもずっと、お兄として現場にいてくれました」とイメージがガラリと変わったという。「スタッフさんへの愛情がとてもある方。私にも『ちゃんと寝なよ』『寒くない?』と声をかけてくださって。こんなに気遣いのできる方がいるんだ!と驚きました」。

劇中で演じたのは、兄妹として育ったせとかとはるか。実は二人は血がつながらない兄妹なのだが、はるかはそのことを知っており、せとかに妹以上の想いを抱いているかもと戸惑う。なんとも切ない状況だが、そのはるかの思いが溢れ出るシーンがお風呂上がりのシーン。はるかがせとかを後ろから抱きしめるというドキドキのシーンとなっている。

“バックハグシーン”を振り返ってもらうと、片寄は「僕が一番、苦しんだシーンです」と告白。「(河合勇人)監督からは『もっと気持ちで行け』と言われて追い込まれました。何回もテイクを重ねて、『もっと気持ちで』と。あのシーンは、撮影の後半に撮ったんです。なので、はるかとしてのせとかへの想いはもちろん、土屋さんとそれまでに話してきたことや、作品への愛など色々なものを思い出しました。愛のこもったシーンになっていると思います」。

土屋もその気持ちをしっかりと受け取った。「ものすごくお兄の気持ちが伝わって来ました。せとかにとっても抑えていたお兄への気持ちが溢れてしまうシーンなので、とても切なくなりました。そんな思いになれたのは、お兄の気持ちが伝わったから」。すると片寄は「観ている方に『キュンとする』と言われるシーンほど、ものすごく苦労するものなんだなと痛感しました」としみじみと語っていた。

せとかを想うはるかの気持ちにも胸打たれるが、せとかを巡って恋のバトルを繰り広げるイケメンたちも見どころとなる本作。土屋と片寄にとって、“イケメン”とはどんな人だろう?片寄は「かっこつけていないのに、かっこいい人が一番かっこいい。かっこつけていないのに、人を喜ばせたり、笑顔にするために自分を捧げられる人」と回答。「先輩で言うと、AKIRAさんです。僕は『GTO』で初めてお芝居をさせていただいた時に、AKIRAさんの背中を見ていました。本当にかっこいい男像だと思います」。

土屋は「武士みたいな人」とニッコリ。「武士みたいな人というのは、外では自分のやるべきことやお仕事を頑張って、家できちんとリラックスできる人。あとは挫折を知っていて、人に優しくできる人は素敵だなと思います」。【取材・文/成田おり枝】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)