小栗旬&菅田将暉、橋本環奈の鼻ほじは「アイドル界の歴史を変えた」

小栗旬&菅田将暉、橋本環奈の鼻ほじは「アイドル界の歴史を変えた」

小栗旬&菅田将暉が橋本環奈に感服!

空知英秋の人気コミックを福田雄一監督が実写映画化する『銀魂』が、いよいよスクリーンに登場(7月14日公開)。コミックの実写化となると、とかく厳しい声が上がるもの。しかし本作においては「福田雄一監督なら『銀魂』との相性もピッタリ」との期待とともに、キャスト陣のビジュアルのハマり度も大いに話題となっている。そこで、小栗旬、菅田将暉、橋本環奈を直撃。現場で目にした、役柄とのハマり具合について語り合ってもらった。

宇宙人によって鎖国を解かれた江戸末期を舞台に、万事屋(よろずや)を営む坂田銀時(小栗)と、そこに転がり込んでくる新八(菅田)、神楽(橋本)の3人が、奇想天外な冒険を繰り広げる様を描く本作。“万事屋三人衆”として、にぎやかなやり取りを披露した彼ら。息の合ったボケとツッコミの応酬で大いに笑わせてくれるが、その絆はどのように育んだのだろうか?

小栗「2人とも、僕のことをなめているんですよ。それが万事屋らしい、いい関係だと思います。全然、僕の言うことを聞いてくれない」。

菅田「そんなことないですよ!もう甘えっぱなしですよ。いつも美味しいものをご馳走になって」。

橋本「今回、初めて共演させていただきましたが、毎日楽しかったです。カブトムシを採りに行くという初日の撮影からすごく楽しかった。銀ちゃんには面白いシーンもたくさんあったんですが、アクションシーンがかっこよくて!すごかったです」。

ビジュアルもしっかりと再現し、生き生きとしたキャラクターをスクリーンに登場させた。小栗と菅田は、お互いの印象をこう語る。

小栗「菅田くんは、新八という役柄の面白さをよく理解して演じていて。それは本当にすごいなと思いました。ずっと『面白いとはどういうことなのか』ということを考えている。菅田くんが新八をやると聞いた当初は、ハマるのかな?と思ったんです。でも現場に来たら、新八と同じく超地味になっていた(笑)。菅田将暉のオーラはひとつもなかったですね。しっかり『メガネが歩いている』という感じになっていました」。

菅田「あはは!新八はそこが大事ですね。小栗さんは、銀さんだと思う場面ばかりでした。普段は目の死んでいる銀さんがカブトムシを見つけた時にグワッ!と目が開くんです。その瞬間の小栗さんの目がものすごく大きくて。まさに銀さんだ!と思いました。あと走り方も。いい大人がカブトムシを必死に走って追いかけて、はしゃいでいるというのが、もう銀さんにしか見えない(笑)。これができるのは、他にはおらんやろうなと。めちゃくちゃ面白かったです」。

そして小栗と菅田が驚きを隠せないのが、可愛い容姿で暴言を放ち、ゲロを吐くヒロイン=“ゲロイン”とも呼ばれる神楽役の橋本の存在。その振り切った演技には、きっと誰もが「お見事!」と声をかけたくなるはず。

菅田「(橋本は)弾けてたな。こんな子だと思ってなかったですよね」。

小栗「全然、思ってなかった。たまらないよね」。

菅田「また子(菜々緒)との対決シーンで、神楽が“染みパンツ”の歌を歌うシーンはめちゃくちゃ笑った。あれをできるヒロインはなかなかいない。あんなふうに髪を染めたのも初めて?」。

菅田がそう語るように、神楽のオレンジヘアは、なんと地毛なのだとか。

橋本「はい!初めて髪を染めました。最初に染めた時は茶髪になってしまって。合計4回染めて、あのオレンジ色になりました。撮影中も生え際がどんどん黒くなってしまうので、オレンジのマスカラで色をつけて。青色のカラーコンタクトにも挑戦しています。役作りの上では、福田監督から『アニメを見てくるように』と言われました」。

鼻をほじり、ゲロを吐くヒロインを演じた橋本。大胆な役柄に抵抗はなかったのだろうか。

橋本「鼻をほじるシーンは、福田監督から『奥まで、深くえぐれ』と言われました(笑)。小指でえぐりました。他の役者さんもみなさん、『こんなことまでやるんだ!』と思うようなことばかりされていました。私もそれを楽しんでいたところがあって、構えたりすることもありませんでした」。

菅田「台本をもらった時、『マジか!?』と思わなかった?ゲロ吐くし、白目になるし、鼻をほじるし。周りのアイドルはやってないでしょ(笑)」。

橋本「やっている人はいないですね(笑)。でも、楽しみでした」。

菅田「あはは!さすがやな。アイドル界の歴史を変えたと思います。一番、楽しんでましたもんね」。

小栗「鼻をほじるシーンは、いいえぐり方だった。常に堂々としていて、素晴らしかった!」。笑いが絶えない3人の姿から、現場がいかに楽しく、充実していたかがひしひしと伝わってくるインタビューだった。【取材・文/成田おり枝】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)