海外版“ざわちん”!?トランスジェンダー役の美女メイクがスゴイ

海外版“ざわちん”!?トランスジェンダー役の美女メイクがスゴイ

“ミスコンの女王”トリシャ・エチェバリアの生涯を綴る『ダイ・ビューティフル』

顔真似メイクと言えば、ものまねタレントのざわちんが有名だが、フィリピンに“海外版の男ざわちん”と言われるメークアップ・アーティストがいるのをご存じだろうか。インスタグラムでの海外セレブのものまねメイクで、国内外から注目されるパオロ・バレステロスだ。彼が、映画『ダイ・ビューティフル』(7月22日公開)で披露するなりきりメイクの美しさが話題になっている。

映画では、“ミスコンの女王”と言われたトランスジェンダーのトリシャ・エチェバリアの波乱に満ちた生涯がつづられる。家族に絶縁され、身寄りのない娘を育て上げ、ついにミス・ゲイ・フィリピーナのミスコン女王に輝いた末に急死するトリシャ。仲間たちは、彼女の遺言通り、葬儀までの7日間、日替わりでセレブメイクをして旅立たせようとする。

パオロは主人公トリシャを熱演、劇中でのビヨンセ、ケイティ・ペリー、アンジェリーナ・ジョリー、ジュリア・ロバーツ、レディー・ガガといったセレブたちのものまねメイクを自身で手掛けた。そのきらびやかな美しさと本物そっくりなメイク技術には、毎回目を見張らされつつ、少しやりすぎ感のあるアクの強さにはクスっとしながら、思わず拍手喝采を送りたくなる。演技力も評価されたパオロは、第29回東京国際映画祭で主演男優賞を獲得した。

本作は、フィリピンでトランスジェンダー差別があらわになった2014年の事件を原案としている。自分が自分でいられない悲劇の中、愛を求め、裏切られてもなお差別と偏見に立ち向かうトリシャの姿は、トランスジェンダーへの理解を広めることになるだろう。

笑いと涙がつまったトランスジェンダーの華麗なる人生。ものまねメイクがどのセレブのものなのかを当てながら、楽しく観るべし!【トライワークス】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)