山田涼介が疾走し、涙する!『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の新情報が続々解禁

山田涼介が疾走し、涙する!『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の新情報が続々解禁

ナミヤ雑貨店で悩み相談の返事を書いていた店主、浪矢雄治

世界累計800万部を突破し「東野圭吾史上、最も泣ける感動作」と呼び声の高い作品を、山田涼介主演で実写映画化した『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(9月23日公開)。今回、本作で起きる“奇蹟”の鍵を握る新場面写真と、これまで以上に作品の内容が明らかとなる予告編が解禁となった。

敦也(山田涼介)が、幼馴染みと一緒に忍び込んだ古い家は、かつて店主・浪矢雄治(西田敏行)が悩み相談を請け負っていたナミヤ雑貨店だった。廃業したはずの店内に、突然32 年前からの悩み相談の手紙が舞い込み、手紙のやり取りをはじめる敦也たち。そして、次第に雑貨店の秘密が明らかになっていき、思いもよらない感動と衝撃のラストが待ち受ける。

今回解禁となった写真には、ナミヤ雑貨店の軒先に腰をおろし、子供たちを優しく見守る雑貨店の店主、浪矢雄治の姿が映し出されている。子供たちが見つめる掲示板の張り紙は、ナミヤ雑貨店に届いた悩み相談への、雄治からの返事である。そこで生まれた絆が、32年の時を越えて、敦也たちに奇蹟を起こす。

公式HPで見ることのできる最新予告には、山田涼介演じる敦也が32年前の手紙に向き合うことで、次第に変化していく姿が描かれており、街中を疾走するシーンや、真剣に何かを訴える最中、頬を涙がつたうというシーンが含まれている。

その他、雑貨店主を演じる西田敏行、尾野真千子、村上虹郎、寛 一 郎、林遣都、成海璃子、門脇麦、萩原聖人などの超豪華俳優陣が勢ぞろい。時代を超えて繋がるそれぞれの“想い”は、交わることのないはずの登場人物たちの人生を変える“奇蹟”へと繋がっていく。そして、彼らが流すの涙の意味とは…。

また、特典付きのムビチケカードが7月29日(土)より発売。特典に特製一筆箋がついてくる。連絡手段といえば、メールやLINEがメインとなっているいま、あえてこの一筆箋にちょっとしたメッセージや日ごろのお礼をしたためて、誰かに送ってみるのもいいかも!?【MovieWalker】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)