キャサリン妃とウィリアム王子、第三子をめぐって対立?

キャサリン妃とウィリアム王子、第三子をめぐって対立?

ウィリアム王子夫妻、第三子について意見の食い違い?

キャサリン妃とウィリアム王子が、三人目の子供をつくるかどうかで意見が対立し、衝突しているとLife & Style誌が伝えている。

同誌によれば、ふたりはしばらく前から第三子をめぐって口論を続けているそうだ。キャサリン妃は三人目の子供が欲しいと考えているそうだが、ウィリアム王子はそれに反対しているという。

「ウィリアム王子は、現在の家族に満足していますが、キャサリン妃はもう一人子供が欲しいと思っています。キャサリン妃は、自分に妹と弟がいるので、三人兄弟がパーフェクトだと思っています」「ウィリアム王子は、男の子供と女の子供が一人ずつという状態に満足していて、今でもすでに大変じゃないかと考えています」と関係者が同誌に明かしている。

キャサリン妃は、最近、少し太ったのではないかと噂されていて、お腹回りにギャザーの入ったスカートの服が多いので、もしかしたら妊娠したのではないかとも囁かれているが、それが事実なら、ウィリアム王子がついに折れたということかもしれない。【UK在住/MIKAKO】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)