G・クルーニー、科学的に最もハンサムな顔と証明される

G・クルーニー、科学的に最もハンサムな顔と証明される

黄金の比率に最も近い男、ジョージ・クルーニー

ジョージ・クルーニーの美男ぶりは誰もが認めるところだが、古代ギリシャから伝わる美しい顔の条件、「黄金の比率」を使ってコンピューターで分析した結果、科学的にもジョージの顔が最もハンサムであることが証明された。

これは、顔の各パーツのサイズや位置、左右対称性、それぞれのパーツ間の距離などを測定し、完璧な顔の雛形にどれだけ近いかを数値で示したもの。これに著名な男性セレブたちの顔を当てはめると、最も完璧に近いのはジョージの顔で、91.86%になるという。

2位はブラッドリー・クーパーで91.80%をマークしており、3位はブラッド・ピットの90.51%だった。さらに4位はハリー・スタイルズで、彼の数値は89.63%となり、わずかに90%ラインを下回った。5位は88.96%のデビッド・ベッカムだった。

「ジョージ・クルーニーは過去数十年間、世界で最も美しい男性だと言われてきましたが、これで科学的にもそれが証明されたことになります。彼の顔は非常に左右の対称性が高く、特に鼻と口の角度は99.6%でほぼパーフェクトな数字が出ています」と専門家が英紙デイリー・メールにコメントしている。【UK在住/MIKAKO】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)