故ダイアナ妃の未公開ビデオ放映は危険すぎると実弟が反対!

故ダイアナ妃の未公開ビデオ放映は危険すぎると実弟が反対!

ダイアナ妃、未公開ビデオの放映に実弟は反対

故ダイアナ妃の未公開ビデオ・ダイアリーを放映しようとしている英国チャンネル4に対し、実弟のチャールズ・スペンサー(第9代スペンサー伯爵)が放映を中止するように願い出ている。

英紙デイリー・メールによれば、これらのビデオは彼女のボイス・コーチによって撮影されたもの。チャールズ皇太子の不倫を明かし、世界中でニュースになった1995年のBBC「パノラマ」のインタビューよりも、数年前に録画されていたものだという。これらのビデオの中で、ダイアナ妃は、チャールズ皇太子と自分の結婚生活の破たんや、王室に対する批判、ボディガードと一緒に逃げようと思っていたことなどを赤裸々に語っているという。

チャールズ・スペンサーは、このあまりにも危険なビデオが初公開されると、ウィリアム王子とヘンリー王子をはじめとした関係者へのダメージは大きいとして、チャンネル4に放映を見合わせるよう申し入れている。

しかし、チャンネル4は、この映像を含めた番組の公開は重要であるとして、彼の申し出を却下した。スペンサー家は、このビデオが公開される前に入手しようとこれまで手を尽くしてきたが、失敗したという。

この映像を公開する番組は「Diana:In Her Own Words」という90分のドキュメンタリー。ダイアナ妃の死去から20周年を記念して、8月6日に英国で放映予定。【UK在住/MIKAKO】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)