マライア・キャリー、聖歌隊に訴えられる

マライア・キャリー、聖歌隊に訴えられる 心変わりで7万ドルのギャラ未払いか

記事まとめ

  • マライア・キャリーが、聖歌隊に7万ドルのギャラ未払いで訴えられたとTMZが伝えている
  • 聖歌隊BIVは、マライアの2016年クリスマスコンサートのために雇われたが、出演中止に
  • マライアが心変わりしたと聞かされ、何の賠償もなくお払い箱にされたという

マライア・キャリー、聖歌隊に訴えられる

マライア・キャリー、聖歌隊に訴えられる

最近、何かとトラブル続きなマライア・キャリー

マライア・キャリーが、クリスマスソングの聖歌隊に約7万ドルのギャラ未払いで訴えられたとTMZが伝えている。

聖歌隊BIV(ブロードウェイ・インスピレーショナル・ヴォイシズ)は、マライアの2016年クリスマスコンサートのために雇われたが、コンサート直前になっていらないと言われ、メンバーたちには何の賠償も行われなかったという。

BIVは昨年12月にニューヨークで行われたマライアのコンサートで、9曲のクリスマスソングを歌うことになっていたが、マライアが心変わりしたと聞かされ、お払い箱にされたという。BIVは、2014年のマライアのクリスマスコンサートにも出演しており、その時は何の問題もなくステージを務めている。

ゴスペルソングのアルバムがグラミー賞にもノミネートされたことがあるBIVは、エルトン・ジョンやスティングらとも一緒に仕事をしたことがある一流の聖歌隊だという。Gossip Copがマライアの広報にコメントを求めているようだが、現在のところ何の返事もないという。【UK在住/MIKAKO】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)