キャサリン妃、つわりから回復?来月に公務再開へ

キャサリン妃、つわりから回復?来月に公務再開へ

キャサリン妃、重いつわりから回復?

ケンジントン宮殿が、キャサリン妃が来月10日に公務復帰を果たすと発表した。「ウィリアム王子夫妻とヘンリー王子は、バッキンガム宮殿で行われる国際メンタルヘルスデーのレセプションパーティに出席します」「10月10日火曜日に行われるレセプションパーティは、英国内で活動しているメンタルヘルス業界の貢献を祝福するためのものです」とケンジントン宮殿が公式ツイッターで公表している。

ウィリアム王子、キャサリン妃、ヘンリー王子は、メンタルヘルス問題の重要性に関して人々の認識を高めるために様々な活動を行っており、3人が最も情熱を傾けている分野だと言われている。だから、キャサリン妃が同レセプションパーティに出席を希望するのは当然のことと言える。

また、キャサリン妃の第三子の出産予定日について、当初は4月か5月と言われていたが、ウィリアム王子が公務中に「あなたたちが思っているより早く誕生するかもしれない」と漏らしたことで、3月に誕生するのではないかと言われている。

キャサリン妃がレセプションパーティに出席すると王室関係者が発表したということは、重症と言われていたつわりも回復に向かっている証拠だと王室ファンを喜ばせている。【UK在住/MIKAKO】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)