『君の名は。』ハリウッドで実写映画化!『スター・ウォーズ』監督がプロデューサーに就任

『君の名は。』ハリウッドで実写映画化!『スター・ウォーズ』監督がプロデューサーに就任

ハリウッドを代表する面々が『君の名は。』実写化に挑む!

2016年8月に公開され、記録的大ヒットを記録した映画『君の名は。』。国内興行収入は250億円を突破、今年7月に発売されたBlu-ray&DVDは合計120万枚の出荷を記録した。その勢いは日本のみならず世界中を席捲し、135の国と地域での公開が決定。すでに公開された韓国・中国・タイ・台湾・ベトナムでの興行収入は、現地で公開された日本映画としての歴代最高記録を樹立している。

流行語やトレンドを生み出し、映画の枠に留まらない社会現象を巻き起こした本作がハリウッドで実写映画化されることが、この度発表された。

今回、東宝とタッグを組むのは『シュレック』『トランスフォーマー』などで知られる米大手スタジオ、パラマウント・ピクチャーズと、『スタートレック』『SUPER8/スーパーエイト』のバッド・ロボット。まさに、ハリウッドの最前線を走る2社が実写映画化に挑む。

その他のスタッフも、第一線級の超豪華メンバーが集結。「LOST」などのヒットドラマを数多く手がけ、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の監督でもあるJ・J・エイブラムスがプロデューサーに就任。彼とともに多くの作品を手掛けるリンジー・ウェバーが、共同でプロデュースを担当する。また、脚本を『メッセージ』でアカデミー賞脚色賞にノミネートされたエリック・ハイセラーが手掛けることも見逃せない。

アニメ版に続き、今作でもプロデューサーとして開発に参加する東宝の川村元気は「これ以上ない、夢のようなチームになりました。J・J・エイブラムスさんが『君の名は。』をハリウッドで実写化したがっていると聞いたときは信じられない気持ちでした。彼と会って話すまで“これはきっと夢に違いない”と思っていたのですが、どうやらこれは現実のようです。『君の名は。』をハリウッドで実写映画として生まれ変わらせるのにあたり、数々の名作を現代的なセンスで生まれ変わらせてきたJ・Jさん以上のクリエーターはいないと思います」と喜びをあらわにした。

また、脚本のエリック・ハイセラーについては「『メッセージ』はここ数年で見たSF映画の中で最も心を動かされたものでした。SFとラブストーリーが融合してクライマックスへと突き進む『君の名は。』を、エリックさんならば最高なかたちで表現してくれると確信しています」と、その才能を絶賛。「J・Jさん、エリックさんと共に『君の名は。』のハリウッド版実写映画をプロデュースできることを、心より誇りに思います」と結んだ。

オリジナルの映画で原作・脚本・監督を務めた新海誠監督は「『君の名は。』は、日本に暮らす僕たちのローカルな想像力、ドメスティックな技術で組み立てた映画です。そういう作品がハリウッドと交わることで、もしかしたら新しい可能性のようなものを見せてもらえるのかもしれない──そんな期待をしながら、完成を楽しみに待っています」と、ハリウッドで生まれ変わる自身の代表作について、大きな期待を垣間見せた。

自らもプロデューサーとして多くのヒット作を生み出した東宝株式会社・島谷能成社長は「日本が誇る『君の名は。』をハリウッド最高のクリエイターの方々と一緒に実写化する機会を楽しみにしています。当社は、日本のIP(知的財産)を基にした海外との共同製作・リメイクを進める専門チームを立ち上げております」と語っており、同社の今後の海外展開にも期待が高まる。

ハリウッドを代表する一流スタッフと、日本のオリジナル版を手掛けた製作陣が共に作り上げる、全く新たな『君の名は。』。日本のみならず、世界中で大きな話題となることは間違いないだろう。【Movie Walker】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)