障がい者と風俗嬢の恋に挑んだリリー・フランキーと清野菜名。その想いに触れる

障がい者と風俗嬢の恋に挑んだリリー・フランキーと清野菜名。その想いに触れる

『パーフェクト・レボリューション』で共演したリリー・フランキーと清野菜名

脳性麻痺の障がい者と破天荒な風俗嬢の恋を描く『パーフェクト・レボリューション』(9月29日公開)。世間から常に偏見や差別の目で見られるふたりは、愛を貫き通すことで“完全なる革命”を起こそうとする。この恋人たちを演じたリリー・フランキーと清野菜名にインタビュー。

本作の企画・原案は、脳性麻痺を抱えつつ、障がい者の性への理解を訴え続けてきた活動家・熊篠慶彦。熊篠の友人でもあるリリー・フランキーは、熊篠の分身とも言える主人公・クマを演じた。

「熊篠がずっと自分の『ノアール』という団体で訴えてきたのは『障がい者だって恋愛がしたいし、セックスもしたい』という当たり前のこと。なぜそんなことを十何年も声高に言い続けなければいけなかったのか。健常者の人はあまりにも誤解しています。勝手に聖人化していて『当然、性欲もないんでしょ?』とか『恋愛もよそごとですよね?』と思ってしまっている。だから、この映画ができて取材を受けることはいい機会だなと思いました」。

清野が演じたミツは、クマの講演を聞いたことがきっかけで彼と恋に落ち、ヘルパーとしてクマを手助けするようになっていく。ところが彼女自身も人格障がいを抱えており、クマの目の前で衝動的に手首を切ってしまう。

脚本に惚れ込み、オファーを快諾した清野は、本作の撮影で「ミツと一心同体でした」と言い切る。「台本を読んだらすごく面白くて、読み進めるうちにどんどんミツに惹かれていき『ミツをやりたい』と思ったというよりも、すでにミツになっていた感じです。そういう経験は今までしたことがなくて。クランクイン前から自分はミツだったんじゃないかという不思議な感覚がありました」。

熊篠の実体験を交えた本作だからこそ、障がい者を見る健常者の視線がシニカルに描かれるシーンも多い。クマとミツが「障がい者と風俗嬢のカップル」としてテレビ出演した際には、スタッフから「もうちょっと困った話をしてほしい」とリクエストされたり、わざと同情を誘うような演出が入ったりもする。

リリーは「メディアが“何とからしく”と言うのは、その人たちへの理解力の乏しさの表れです」と力を込めて言う。

「すごく根性が悪い障がい者なんて出てこない。彼らをピュアに描くことが、テレビという枠組みにはまりやすいから。実際、熊篠の活動を良いと思っていない障がい者の方もいらっしゃるんです。自分たちに性欲があると知られたら、周囲の人たちに引かれることもあるらしくて。健常者が“障がい者らしさ”というものを勝手に思い込んでしまっているから、障がい者は健常者のイメージの中にある、障がい者を演じなければいけなくなる」。

清野もメディアから“風俗嬢らしさ”を強いられるシーンについて「ミツとして傷つきました」と述懐。「私はその時、ミツとして立っていたので、なんでそういうふうにしなければいけないんだろう?と思った気がします。やっぱり自分は認められていないんだなと感じました。それが差別なのかなと」。

リリーは清野について「ものすごくお芝居が瑞々しいので、こっちの感情をすごく引き出してくれた」と感謝する。清野も「撮影している時、私は本当にミツでした。それに尽きます」とキッパリ言う。「ミツとしても私としても、クマピーのことが大好きだったから、現場で一緒にいてもすごく居やすくて、2人にしか感じられない空気感がありました。すごく濃厚な3週間でした」。

最後にリリー・フランキーは「これは障がい者を主人公にした、すごくエンタテインメントなバカ映画です」と宣言する。「でも、そう言うと『障がい者に理解がない』とか言ってくるんです。善意を振りかざしつつ、実は悪意を持っている人が、この映画を通じてとは言わないまでも、熊篠がこれまでどんな活動をしてきたのか、知る機会になれば幸いです」。【取材・文/山崎伸子】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)