山崎賢人、福田組で大胆になれる理由。橋本環奈とぶっ飛んだ演技の秘密を語る!

山崎賢人、福田組で大胆になれる理由。橋本環奈とぶっ飛んだ演技の秘密を語る!

山崎賢人&橋本環奈のコメディ力が炸裂!

山崎賢人がコメディ映画初主演を務める『斉木楠雄のΨ難』(10月21日公開)。ギャグ漫画を実写化する本作で、個性的キャラクター勢のど真ん中に立って新たな表情をたっぷりと披露している。そして山崎の新境地とともに見逃せないのが、橋本環奈のコメディエンヌとしての才能の爆発ぶり。今回は山崎演じる主人公・斉木楠雄に惹かれる、美少女・照橋心美として登場する。福田組では、なぜそこまで振り切った演技を見せることができるのか?山崎、橋本、福田監督に、撮影を振り返ってもらった。

本作は、山崎が演じる超能力を持った斉木楠雄を主人公に、ワケありのクラスメイトたちと過ごす学園生活を描くコメディ映画。橋本は、才色兼備の美少女だが、それを自覚しているという照橋役を演じた。

山崎は「原作を全巻読んで。すごく面白かった」、橋本も「私も全巻読んで、ものすごくハマってしまって。今、週刊連載で読んでいるんですよ」と語る。照橋の見どころは、宇宙一かわいい表情と“心の声”とのギャップ。役を受け取ったときには、「これを演じるのかと、びっくりしました」と驚きを隠せないが、「でも『銀魂』でも福田監督とご一緒していて、福田組の楽しさを知ってしまっているので。“撮影は楽しいだろうな”と、不安より楽しみな気持ちの方が大きかったです」とすっかり福田組の虜だ。

山崎も「撮影はとにかく楽しかった」と述懐。「撮影初日を迎えたら、やっぱり楽しかったです」と声を弾ませるふたりに、福田監督は「他ではやらないことだけしか、やってないもんね」と大爆笑。橋本は「そうなんです。世に出していいのか?というくらいのことを、福田監督に任せきりでやっています」と監督を信頼しきり。

『銀魂』の神楽でも、白目、鼻ほじなど大胆な演技で観客を魅了した橋本。照橋も大口を開け、目を最大限に見開くなど、爆笑必至のキャラに仕上げた。一体、文句なしの美少女がなぜそこまでできるのかと感服するばかりだが、福田監督は「“おもしろハイ”になっていた」と分析する。「『銀魂』から続いていて、確実にハイになっていましたね。指を1回鳴らしたら、面白い顔をしてくれるという状況になっていた(笑)。今回、環奈ちゃんのナレーションは絶対に現場で録りきりたいと思っていて。ある程度の時期を経たら、絶対にその“おもしろハイ”がとれてしまうと思ったんです。環奈ちゃんのトーンは、あの時期にしか出せなかったものだと思います」。

橋本も「『銀魂』から2、3週間後くらいに『斉木楠雄のΨ難』の撮影に入って。完全にハイだったと思います」とニッコリ。「現場に入って、撮影の初日は斉木楠雄と夏休みにバッタリ会うシーンだったんですが、もうあそこからテンションが上がっていました」とスタートダッシュできたそう。福田組は初参加となる山崎も「初日から、環奈ちゃんが演じる照橋さんのぶっ飛んだ姿を見れたので。“僕もやろう!”と思えました」と橋本のパワーに刺激を受けたという。

福田監督作品では、キャスト陣の誰もが新たな表情を見せる。福田組にはどんな秘密があるのか?山崎も橋本も「撮影の合間には、踊ったり、遊んだりしていた」と明かす。橋本は「なんだかおかしなテンションになっていました。普通、撮影の合間は椅子に座って待ち時間を過ごしますが、『斉木楠雄のΨ難』の現場では賢人さんと踊ったりして、遊んでいました」と福田組の“特別な空気感”について言及。山崎も「だから、本番でも他の現場ではやらないようなこともやってしまう。とにかくすごく楽しかったんです。僕は“スン”とした表情をしていなければいけない役なのに、みなさんの演技に笑いをこらえるのが必死でした」と同調。

福田監督を笑わせるべく、キャスト陣が「もっともっと」と高みを目指す現場のようで、そこに参加した人は「とにかく楽しい」と声を揃える。福田監督は「楽しいだけでいいのかなという疑問はちょっとありますが、ただこういった楽しい空気は絶対に画面を通して伝わると思うんです。悪いことではないんだろうなと思います」と笑いを撮る上での心境を話す。

さらに「環奈ちゃんは、僕にとってマックスで面白いんだけど、“女優として、ここまでやって大丈夫なのかな”と思った。女優さんの芝居で大笑いさせられることなんてまず、ないですから」と最大の賛辞を送る。橋本は「うれしいです」と語り、「撮影当時は、今よりも5センチくらい大きく開くくらい、口の筋肉が柔らかかった!」と3人で大爆笑。山崎賢人の新境地、橋本環奈の煌めきを見事に捉えた『斉木楠雄のΨ難』を見逃すのはもったいない。【取材・文/成田おり枝】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)