菅田将暉「尻と尻の間の見えないタマを探した」と言われて爆笑

菅田将暉「尻と尻の間の見えないタマを探した」と言われて爆笑

菅田将暉が『あゝ、荒野』後篇の初日舞台挨拶に登壇

寺山修司の小説を菅田将暉とヤン・イクチュンを迎えて映画化した『あゝ、荒野』後篇の初日舞台挨拶が、10月21日に新宿ピカデリーで開催。菅田将暉と岸善幸監督が壮絶な撮影秘話を語った後、主題歌「今夜」を担当したTOSHI-LOW(BRAHMAN)が登場し、同曲をギターで弾き語りをした後で、菅田を手放しで絶賛した。

菅田は「今夜」について「僕はすごく安心して。最後まで真っ暗になっても映画館にいたいなと思う曲でした」と賛辞を送る。生歌の披露についてTOSHI-LOWは「午前中、無理。夜の歌なんで」と最初は拒んでいたが、その後ギターを手に取り、熱唱してくれた。

菅田が「みんな贅沢ですよ」と感動すると、TOSHI-LOWから「この歌、ライブで歌ってもらっていい?見に行くよ」とラブコール。菅田も「じゃあ、ちょっと教えてください」と前向きな様子だった。

さらにTOSHI-LOWは、「あらゆる表現の中で音楽とバンドが一番カッコ良いと思ってきたけど、映画を観て自分でびっくりしたことがあった」と言った後で、劇中の菅田将暉の魅力について饒舌に語った。

「木下あかりのおっぱいよりも、菅田将暉の尻をずっと見てしまう自分がいて。尻と尻の間の見えないタマを探してしまっている自分に気づいてしまって。自分の開いてない扉が開いてしまった」と爆弾発言。菅田はTOSHI-LOWに「見えてませんでした?」と大笑い。

TOSHI-LOWは続けて「役者ってカッコ良いんだなと思いました。僕もボクシングの経験者なので、いかに大変なことかわかりますので。カッコ良いです。役者、菅田将暉」と菅田を心から称えた。

『あゝ、荒野』は、生まれも育ちも違う2人の男が出会い、共にプロボクサーを目指していくという青春映画。菅田将暉と、映画監督としても活躍するヤン・イクチュンがW主演を務めた。【取材・文/山崎伸子】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)