「スター・ウォーズ」新キャラ、ローズの背景をライアン・ジョンソン監督が明かす!

「スター・ウォーズ」新キャラ、ローズの背景をライアン・ジョンソン監督が明かす!

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督を直撃

世界中に「スター・ウォーズ」旋風が吹き荒れる中、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(12月15日公開)で来日したライアン・ジョンソン監督を直撃。今回は監督に、新キャラクターのローズ・ティコ役に大抜擢されたアジア系アメリカ人女優・ケリー・マリー・トランについて質問してみた。

伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)の口から驚くべき真実を聞かされたレイ(デイジー・リドリー)。フォースを覚醒させたレイと、ダース・ベイダーの遺志を継ごうとするカイロ・レン(アダム・ドライバー)はどう対峙していくのか!?

本作で初登場する注目の新キャラクターは、ローラ・ダーン演じるレジスタンスの幹部・ホルド、ベニチオ・デル・トロ演じる謎めいた男DJ、ケリー・マリー・トラン演じるレジスタンスの整備士、ローズの3人だ。

ライアン・ジョンソン監督によると、3人の中で一番大きな役どころとなるのがローズのようだ。気になったのは、冒頭のバトルシーンで強烈な印象を残す、アジア系女優が演じたペイジというキャラクターだ。ケリー・マリー・トランも「スター・ウォーズ」シリーズの主要キャストに初めてアジア系女優が起用されたと話題を呼んだが、果たしてペイジとローラはどういう関係性なのか?

「実は、ペイジは戦闘機のパイロットでローズの姉なんだ。ローズはいわば縁の下の力持ち的な役割であるメンテナンス・クルーだが、彼女はあることがきっかけで、姉の影響を受けていくことになる。まあ、ここまでなら話せるかな」と、詳細については予想通り言及を控えた。

ケリー・マリー・トランは本作に抜擢されたことで注目を集めている期待の新進女優だが、彼女のキャスティング理由については「新キャラクターとして『スター・ウォーズ』のヒーローになるとは思えないような意外性のあるキャラクターを入れたいと思った」と明かす。

「極端な例を挙げると、たとえば僕自身が『スター・ウォーズ』の世界に急に置かれたとしたら、誰もがヒーロー然としてないと思うでしょうね。そこが狙いでした。だから僕の代わりに、ケリーを投入したんだ」。

ケリーはとても人間的な魅力に溢れた人だと言う。「彼女はとてもオープンマインドで、すごく素敵なスピリットをもっていて、それがキャラクターと相まってスクリーンに投影されていると思う。僕は彼女の名前はもちろん、ローズというキャラクターをみなさんに知ってもらえることに今からワクワクしているよ」。

「スター・ウォーズ」シリーズの熱狂的なファンであるというライアン・ジョンソン監督に、その魅力について尋ねてみた。「僕がシリーズに惹かれた理由はたくさんある。今、振り返って思うことは、すべての作品が子どもから大人に成長する物語となっている点だ。このことはジョージ・ルーカスも言葉として残しているんだ」

「元々ルーカスはジョーゼフ・キャンベルの神話論からインスピレーションを受けていて、それはヘラクレスになるまでの旅路という意味ではなく、子どもが思春期を通って大人になり、自分の居場所を見つけていく物語だという点だ。大人になる過程で自分たちが宿す新しい力に気づき、その力をどう使って、周りにいる誰を信頼していくのかと探求する。僕も旧3部作のその部分に惹かれたんだ。本作もアドベンチャーではあるけど、核にあるテーマはそこなので、そういうものが伝われば一番嬉しいよ」。

『スター・ウォーズ』の世界観といえば、黒澤明監督作『隠し砦の三悪人』(58)などさまざまな日本映画や文化から影響を受けていることは周知の事実だが、ライアン・ジョンソン監督はそのことを踏襲しつつ、敬愛する宮崎駿監督からも大いにインスパイアされたと言う。

「僕は宮崎監督の大ファンなんだ。特にファンタジーと自然とを調和させる世界観がとても好きなので、ポーグという新キャラクターにはそういった部分を反映させたよ。ルークの住む島などのロケ地や他の美術面においても、宮崎監督の影響を受けているのがわかるんじゃないかな」。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の後に「スター・ウォーズ」シリーズの新3部作の監督・脚本という重責のミッションも控えているライアン・ジョンソン監督。「その構想は?」と斬り込んでみると「まったくないんだ」と笑う。

「本当にまったく白紙の状態なんだ(笑)。僕がどういうプレゼンをしたかというと、3本の『スター・ウォーズ』の新作で、新しいストーリーを新しい場所で新しいキャラクターたちと展開していこうといったコンセプトだけだ。僕はそのことにすごく可能性を感じている。もちろん、正式に決まった時はとても興奮したよ。壮大な『スター・ウォーズ』というキャンバスで物語を描けること以上にワクワクすることなんてないでしょう?」といたずらな笑みを浮かべた。

最後に「スター・ウォーズ」ファンへのメッセージをもらった。「僕にとって良質な『スター・ウォーズ』映画は、映画を観た後で宇宙船やグッズを手にして庭で遊びたいと思わせてくれるような映画なんだ。もちろんエモーショナルな部分もたくさん入っているし、これぞ『スター・ウォーズ』映画だ!と感じてもらえることを願っているよ」。(Movie Walker・取材・文/山崎 伸子)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)