おじいちゃん!?元「ワム!」のアンドリュー・リッジリーの老けっぷりに驚きの声

おじいちゃん!?元「ワム!」のアンドリュー・リッジリーの老けっぷりに驚きの声

「ワム!」のジョージ・マイケルとアンドリュー・リッジリー

土曜深夜のロンドンにある繁華街。金髪の若い女性と老紳士が路上で抱き合い、人目もはばからずに何度も熱烈なキスを交わしている。女性は酔っていたらしく、老紳士が女性をおんぶして歩き始めるが、その姿はまるで娘と父…あるいは、孫娘と祖父のように見える。その老紳士が、英国のポップデュオ「ワム!」で活躍したアンドリュー・リッジリー(54)だと気づく人は、周囲にいなかったかもしれない。

1980年代、数々のヒット曲で世界的な人気を博した「ワム!」のジョージ・マイケルとアンドリュー・リッジリー。12月は、彼らの大ヒット曲「ラスト・クリスマス」が街中に流れ、昨年12月25日に他界したジョージ・マイケルが偲ばれる季節だ。この時期に合わせたかのようなタイミングで、コンビの片割れだったアンドリューがパパラッチされてしまったわけだが、一般の反応は「え、54歳?80歳だと思った…」「相手の女性が娘に見える」「いや、孫娘に見えるよ」「老けすぎでしょ!」「54歳?74歳じゃないの?」と、アンドリューの54歳とは思えないルックスにばかり話題が集中している。

アンドリューは「ワム!」と同時期にイギリスで活躍したガールズグループ「バナナラマ」のカレン・ウッドワードと、25年間にわたって同居生活を送ってきた。ところが今年夏に二人は別居に至り、長年のパートナーシップにピリオドを打ったことが報告されている。ということは、アンドリューは今、フリーの身分を謳歌している真っ最中なのかもしれない。「枯れたお年寄り」風の外見ではあるが、彼の精神年齢は、実年齢よりもはるかに若いに違いない。(Movie Walker・UK在住/シャオ)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)