のん、艶やか着物姿で『KUBO』コスプレを生解説!「やりたいだけ突っ走っていきたい」

のん、艶やか着物姿で『KUBO』コスプレを生解説!「やりたいだけ突っ走っていきたい」

のん、来年も「突っ走っていきたい!」

スタジオライカによるストップモーションアニメ『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(公開中)の大ヒット記念トークイベントが12月20日に新宿バルト9で開催され、のんと映画秘宝編集長の岩田和明が登壇。本作の大ファンで、11月発売の「映画秘宝」表紙での“クボコスプレ”も話題となったのんが、艶やかな着物姿でコスプレについて生解説した。

古の日本を舞台に、三味線の音色により折り紙を意のままに操れる少年・クボが、旅を経て成長していく姿を描く物語。この日は和をイメージした赤の着物姿を披露したのん。「映画秘宝」表紙で主人公クボのコスプレに挑戦したが、「クボが少年なんだけど、力強い感じに憧れて。ぜひ(コスプレを)やってみたいなと思いました」と憧れとともにトライ。「気合い入ってました」と撮影を振り返った。

コンセプトは「完コピ。リスペクトの気持ちを込めて」とのこと。ステージでは未公開の撮影風景の様子も公開された。クボは三頭身のキャラクターのため、「クボとは姿形が全然違う。さすがに脚を細くするのは追いつかなかった。(三頭身にも)したかった。肩の落ち方とかもシュッとしたかったけれど、さすがにこの細さは再現しきれなかった」とお茶目に語ると、会場も大爆笑だった。

参考にしたのは劇団新感線のパンフレットだそうで、『五右衛門ロック』の古田新太のポーズや、『レッツゴー!忍法帖』の阿部サダヲのポーズもやってみたそう。ポーズを決めた自身の写真を見ながら、「お気に入りなんです。楽しかったです!」と振り返っていた。

2017年も残りわずかとなり、のんは「すでに手広く活動させていただいているんですが、来年も余すところなく、自分のやりたいことにやりたいだけ突っ走っていきたいなと思っています」と来年に向けて、意気込みたっぷり。「全部、大好きな仕事ばかりやらせていただいているので、楽しくやりたいです」と話していた。

また他にやってみたいコスプレについて聞かれると、「ゴリゴリに男っぽいのをやってみたいです」と声を弾ませたのん。「ムキー!みたいなやつ。ムキムキになって」と楽しそうな笑顔を見せ、会場から拍手を浴びていた。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)