DOBERMAN INFINITY、伝説のラッパー・2PACから刺激!「いい音楽を届けたい」

DOBERMAN INFINITY、伝説のラッパー・2PACから刺激!「いい音楽を届けたい」

DOBERMAN INFINITYが2PACへの思いを告白!

25歳の若さで亡くなった伝説のラッパー、2PACの半生を描く映画『オール・アイズ・オン・ミー』(12月29日公開)のジャパンプレミアが12月20日にCBGKシブゲキ!で開催され、男性5人組グループのDOBERMAN INFINITY(P-CHO、GS、KAZUKI、SWAY、KUBO-C)が出席。2PACから受けた影響を熱く語った。

住処を転々としていた幼少期から、ラップにのめり込んでいく10代、そして、ヒップホップ界を巻き込んだ抗争の末に命を落とすまでの、2PACの半生に迫る本作。

すでに映画を見たというDOBERMAN INFINITYのメンバーだが、P-CHOは「自分がヒップホップと出会ったときを思い出した」、GSは「大好きで、一番影響を受けたアーティストと言っても過言ではない」と2PACへの思いを明かし、「(2PACの曲)『Dear Mama/ディア・ママ』が流れる瞬間は、グッときてました。今もちょっと危ないです」と感極まる一幕も。KUBO-Cも「曲に対するこだわりがすごいなと思った。刺激になりました」と語っていた。

GSは、2PACと運命を感じる出来事があったそう。「初めてベガスに行ったときに、車に乗って。2PACの最後の地であるMGMグランドの前に差しかかって感動しているときに、ラジオから急に『Dear Mama/ディア・ママ』が流れてきた」と驚きのエピソードを告白。「その瞬間、窓を全開にして、ボリュームを最大にした。勝手に運命を感じた」と興奮気味に話していた。

最後にはSWAYが「2PACの生き様がわかりやすく映像になっている。2PACが生んだ名曲、一曲一曲にもこういった歴史があるんだということも、映画を観てわかった。またヒップホップの色々なストーリーがリンクする部分がたくさんあるので、そういう部分も楽しんでもらえたら」とアピール。

KAZUKIは「音楽な一年だった」と2017年を振り返り、「来年はさらに、2PACのようにリリックも深いところ、ネクストレベルまでいきたい。みなさんにいい音楽を届けられるように、引き続き頑張りたい」と2PACから受けた刺激とともに、今後の抱負を語っていた。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)